『ダ・ヴィンチ・コード』(06)、『天使と悪魔』(09)に続く、ダン・ブラウン原作のベストセラー小説を前2作同様ロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演で映画化した『インフェルノ』(10月28日公開)。本作の公開を記念して、シリーズの名シーンとオーケストラが織り成すスペシャルコンサートが10月17日(月)に東京オペラシティ コンサートホールで開催されることが決定した。

公演の名は「ラングドン・プレミアム・オーケストラ」。『インフェルノ』の作中でキーワードとなるダンテの「神曲」や、交響曲としてこれを作曲したフランツ・リストの「ダンテ交響曲」など『ダ・ヴィンチ・コード』や『天使と悪魔』といった過去作で使用された楽曲を映画の名シーンや様々な映像と共に楽しめる。

演奏は『千と千尋の神隠し』(01)、『ハウルの動く城』(04)、『崖の上のポニョ』(08)等で管弦楽曲を手がけ、近年では斬新な企画と優れた演奏が高く評価されている新日本フィルハーモニー交響楽団。

このコラボイベントをエスコートする特別ゲストには小説家でありながら、博物学、神秘学や民俗学などに関心を持ちタレントとしても活躍する荒俣宏。博識である荒俣はまさに日本のラングドン教授といえる。さらに美しさと知性を持った女性として多方面で活躍中の壇蜜も登場。

映画とオーケストラが融合した一夜限りのイベント「ラングドン・プレミアム・オーケストラ」で10月28日(金)の公開に先駆けて『インフェルノ』の世界を堪能したい!【Movie Walker】