日本テレビとHuluが共同制作し、大きな話題を呼んだドラマ「THE LAST COP/ラストコップ」。10月8日(土)よりスタートとなる新シリーズの完成披露イベントが、9月27日新宿ピカデリーで開催され、唐沢寿明、窪田正孝、佐々木希、黒川智花、和久井映見らおなじみのキャスト、新シリーズから登場となる竹内涼真、藤木直人が登場。さらに2017年GWの映画化も発表されるなど、盛りだくさんのイベントとなった。

80年代に捜査中の爆発事故によって昏睡状態に陥った刑事が、30年の時を経て目を覚ます本作。この設定にちなみ、この日の会場は80年代の空気が再現された。DJ KOOの音楽に合わせ、ボディコンギャルや、にせマラドーナも登場!さらにキャスト陣は、聖子ちゃんファッションや、ハマトラ、チェッカーズなど、80年代に流行したファッションで登場し、会場は大盛り上がりとなった。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(85)のマーティのファッションに身を包んで登場した唐沢は、この演出について「帰り際にボディコンのお姉さんに連絡先を聞いて帰ります(笑)」と言い放つと、80年代トークが止まらず「今、写真を撮る時はスマホだけど、80年代は『写ルンです』だったからね。俺CMやったもん」とジェネレーションギャップをコメントしていた。

佐々木が「現場がとにかく楽しかった」と明かすなど、撮影中から和気あいあいだったというキャスト陣。唐沢が「昨日、窪田くんを焼肉に連れて行ったけど、こんなに細いのにすごい食べるんだよ!それで暑いとか言いながらチラっと腹筋を見せてくれて…。そしたら、鶏のササミみたいな体みたいなんですよ(笑)」と明かすと、すかさず窪田は「そんなことやってないですよ!!」と全力で否定。このやり取りを見ていた新キャストの藤木は「僕、人見知りなんですけど、早く焼肉連れて行ってもらえるように頑張ります(笑)」と羨望の眼差しを向けていた。

イベントの最後には唐沢の口から映画化が発表された本作。窪田が「コメディあり、泣けるシーンあり、恋愛もありとエンタテインメントとして幅が広いので、映画がどんな作品になるのか楽しみです」と劇場版への期待をコメントし、イベントを終えた。【取材・文/トライワークス】