東宝株式会社とワーナー ブラザース ジャパン合同会社が初めて共同製作・配給をすることとなり、9月28日にザ・リッツ・カールトン東京で邦画企画製作・キャスト発表会見が開催された。両社がタッグを組んで製作するのは、荒木飛呂彦の大人気漫画を実写映画化する『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』(2017年夏公開予定)。主人公・東方仗助役は山崎賢人に決定し、会見に出席した山崎が「頑張るしかないと思っています」と緊張の面持ちで語った。

原作は、ジョースター家の因縁の戦いを描く大人気漫画。今回のプロジェクトでは、日本を舞台とした第4部が実写映画化される。メガホンをとるのは、三池崇史監督。また、神木隆之介(広瀬康一)、小松菜奈(山岸由花子)、岡田将生(虹村形兆)、真剣佑(虹村億泰)、山田孝之(片桐安十郎)、伊勢谷友介(空条承太郎)といった豪華キャスト陣も会見に顔をそろえた。

超大型企画の発表とあって、たくさんのフラッシュを浴びた山崎は「よろしくお願いします!」と硬い表情で挨拶。「自分の生きてきた時間より長く愛され続けている作品。とにかく頑張るしかないと思っています」と身を引き締め、「これからスペインでどんな映像になっていくのかワクワクしています。たくさん不安がある分、楽しみで仕方ない」と興奮の思いを告白。役作りにあたっては「体格のよい仗助に近づけるべく、筋トレをしています。誇りを持って演じたい」と話していた。

山崎の「スペイン」発言で、スペインでの撮影敢行が明らかとなったが、三池監督は「原作の舞台は、日本の杜王町。世界中から杜王町を探そうと思うところから始めて、スペインにたどり着いた。美しくてジョジョにぴったり」と説明。また「気が弱い方なので、オファーをもらって3日間眠れなかった」と苦笑い。「逃げるわけにいかないので、受けて立ちました。これを作ってしまった後には、我々は何を作ったらいいのかというようなものを作らなければいけない。これで日本映画全部が一度リセットするくらいのビッグタイトル」と歴史に名を刻む気持ちだ。

また原作者の荒木からは「満を持してというか、ついに実写映画化する運びとなったことはとても光栄。期待しております」とメッセージが寄せられた。映画は2017年夏公開予定。製作陣によると「第4部自体も非常に長い物語。その先の第4部も描いていきたいという思いで、『第一章』とタイトルにつけさせていただいた」と続編への意欲をのぞかせていた。【取材・文/成田おり枝】