国内ではコンサバな印象を与えるキャサリン妃のファッションが、カナダでは急にスタイリッシュで華やかになっていると話題。

ウィリアム王子との結婚当初はファッションを絶賛されて、「王室に新たな風を吹き込んだ」と言われていたキャサリン妃だが、子供ができてからはめっきりおとなしくなり、エリザベス女王にたしなめられてミニスカートをやめるなど、すっかり保守的になっていた。

ところが、海外に出ると自由に好きな服が着られるためか、カナダでは白地に赤の刺繍が施されたワンピースでミニ丈を復活させるなど、伸び伸びとファッションを楽しんでいる印象。それについて「ハリウッド女優ファッションに変身した」と英紙デイリー・メールが絶賛している。

「スタイリストが変わったのだろうか?」「カナダツアーでの彼女のファッションは驚くほど素晴らしい」「安全圏から飛び出して流行の服を着ることを楽しんでいる」と同誌にファッション界のエキスパートたちがコメントしている。

あるスタイリストは「キャサリン妃は明らかにワークアウトして体を絞っています。彼女の髪型や靴、アクセサリーの選択も、いつもの伝統的な英国風スタイルではなく、映画女優のようです。彼女はハリウッドスターのように見えます」と語り、「インド訪問では、キャサリン妃はわざと地味にしていた印象があります。しかし今回のカナダではついに本気を出した感じです」とファッション評論家の1人は話している。

同紙サイトの読者コメント欄には、「カナダでのキャサリン妃は、ここ数年でベストだと思う」「キャサリン妃はとても華やかだけど、ウィリアム王子が老人のよう」「前髪が伸びたから自信回復したんでしょう」などの意見が寄せられている。【UK在住/MIKAKO】