ジョニー・デップの娘、リリー=ローズ・メロディがパリ・ファッション・ウィークに参加し、シャネルのショーのレッドカーペットで取材陣の前に登場し、その少しふてくされたようなアンニュイな表情が母親の若い頃に瓜二つと大きな話題を呼んでいる。

リリーは、ネイビーブルーのジャケットと白いホットパンツ姿で登場。胸元が大きく開き、長いネックレスをつけ、ストレートのセミロングヘアを無造作に垂らし、いかにもシャネルらしい大ぶりなリングイヤリングをつけていた。写真ではふっくらした唇を尖らせ、ちょっと不機嫌な印象を与える表情をしているリリーは、母ヴァネッサ・パラディの若き日とそっくりで、いかにもフランス人女性らしいコケティッシュな雰囲気。米国人や英国人の女性セレブには出せないスタイリッシュさで、クールすぎると絶賛されている。

彼女の写真を掲載した英紙デイリー・メールのサイトにも「リリー=ローズは骨格が信じられないほど完璧。綺麗な子!」「母親と生き写し」「美人なだけじゃなく、何か特別なものが彼女にはある」「この子はどんなダサい服を着ても、さりげなくクールに見せると思う」と称賛コメントが並んでいる。

リリーはこの日、メイクもオシャレと話題を呼んでおり、ティーン・ヴォーグ誌は「リリー=ローズはフレンチガール・シックの専門家」と評している。リリーは「親の七光り」レベルの2世モデルから成長し、本物のシャネルのミューズに育っているようだ。【UK在住/MIKAKO】