クリステン・スチュワートが、宝塚の男役を思わせるスーツ姿でレッドカーペットに登場し、ネットを炎上させている。

ニューヨーク映画祭に出席したクリステンは、出演作『Certain Women(原題)』プレミアのレッドカーペットに赤いパンツスーツ姿で登場。短く切ったブロンドのショートヘアをリーゼント風にまとめ、ジャケットの下は素肌という潔さで中性的な雰囲気を発散させている。『トワイライト』シリーズでベラを演じていたことが信じられないほど激変したクリステンのイメージに戸惑うファンも多いようだ。

彼女の写真を掲載した英紙デイリー・メールのサイトには、「不気味。ジャケットのボタンを開けているのに、その下が裸って変。めくれ上がっても胸はないってこと?」「エレン・デジェネレスに似てきた」「ワースト・ドレッサー決定」「ジャスティン・ビーバー?」といった否定的なコメントが多い。しかし、その一方では「ハリウッドで最もクールな女優」「メイクが素敵」など称賛の声や、「まるで別人!」という驚きの声もあがっている。

『Certain Women』は、米国の小さな町に住む3人の女性の生活を描いたもので、クリステンはミシェル・ウィリアムズ、ローラ・ダーンと共演している。【UK在住/MIKAKO】