橋本愛と宮崎あおいが母娘役で共演することで話題の映画『バースデーカード』(10月22日公開)。本作の完成披露報告会見&舞台挨拶が10月6日に行われ、橋本、宮崎、ユースケ・サンタマリア、須賀健太らキャスト陣に加え、吉田康弘監督と本作の主題歌を担当した木村カエラが顔を揃えた。

東京国際フォーラムで行われた会見で橋本は、宮崎との共演について「私が演じるのは母が亡くなった後なので、『会えねーじゃねーか!』って…(笑)。1シーンだけ共演したんですけど、手がすごく綺麗で、繊細だけど大きな愛情を感じるような手で、自然と涙が出てきそうでした」とコメントした。

一方、宮崎は「私は橋本さんがユースケさんと喧嘩するシーンが印象的で、10代特有の“揺れ”みたいなものが出ていて、好きなシーンになりました」と橋本の演技を絶賛していた。

他のキャストの印象について橋本は「ユースケさんは現場でも本当にテキトーなことしか言わなかった(笑)。須賀さんは“弟感”がすごくて、芝居の上で自然とお姉ちゃんになれました」と語ると、これに対してユースケは「“いい意味で”テキトーなんだよね」と弁明。

また須賀も「じつは僕の方が橋本さんより1歳年上なので、お兄ちゃんなところが出てしまわないか心配だったんですけど、まったく問題なかったですね(笑)」と意外な事実を暴露すると、共演者も驚きの表情を浮かべていた。

丸の内TOEIに会場を移して行われた舞台挨拶では、ユースケが現場でアドリブを連発していたという話題に。宮崎が「ユースケさんが幼少期の息子を肩車をするシーンで、ふと『なんか重くなったな』ってつぶやくんですよ。そこがすごく好きです」と明かすと、吉田監督も「僕もすごく気に入っています」と2人そろって絶賛。

しかしその後、吉田監督が「でもまったく使えないアドリブもあったので、そこはバッサリとカットさせていただきました」と掌を返すと、会場は笑いに包まれた。

また、吉田監督が「みんなでバトンを繋ぐから最後にゴール決めてください」という気持ちで木村に託したという主題歌について、木村は「親にとって子どもは太陽みたいな存在。そんな太陽をいつも見つめているひまわりのような親の気持ちで、歌詞を書きました」と熱い気持ちを吐露。橋本も「この主題歌が映画を底上げしてくれています」と感激の気持ちを明らかにした。

最後に吉田監督が「ワンカットも手を抜かずに作った宝物のような作品です。多くの方に届いてほしいです」と締め、イベントは終了した。【取材・文/トライワークス】