いじりすぎた顔が、原形を留めずに変形しつつあるといわれているメグ・ライアンだが、ついに目元にも異変が起きてしまったようだ。

魚のようになった唇や、異常に突き出してハリのある頬や、テカテカの顔が過剰なボトックスと、整形を行なった典型的な顔つきだといわれてきたメグだが、まだレニー・ゼルウィガーのような目元の異変はなかった。

しかし監督作『Ithaca(原題)』のプロモーションでテレビに出演しているメグの顔は、さらなる変化を遂げていた。

まるでジョーカーのような口もとに、魚のような唇、そして深いほうれい線と反比例する盛り上がった頬はいつもと同じだが、目元がすっかり変化しており、テレビを見た視聴者や、サイトに掲載された写真を見たユーザーたちに、大きな衝撃を与えた。

「あんなにかわいかったのに」「ついに目元にも異変が起きてしまった」「さらに認識不能」「『めまい』(58)のキム・ノヴァク一直線で悲しすぎる!」といったツイートが飛び交っている。【NY在住/JUNKO】