湊かなえの長編ミステリー小説を、本田翼と山本美月を迎えて映画化した『少女』の初日舞台挨拶が、10月8日に新宿バルト9で開催。本田翼、山本美月、稲垣吾郎、佐藤玲、児嶋一哉、三島有紀子監督、原作者の湊かなえが登壇した。ドレスアップした本田と山本を見て稲垣は「撮影では女子高生の役だったけど、今日はイタリアの女優みたいな感じ」と称えた。

稲垣は「2人とも大変な作品で。もし、自分が20代だったら乗り越えられるのかなと思うようなすごい作品。現場では役になり切っていた」と賛辞を送る。本田が稲垣に「現場では挨拶しか交わしてないです。役柄もありましたし、すごくしゃべりかけにくいです」と言うと、児嶋が「はっきり言うんじゃないよ」とツッコミを入れる。

稲垣は「最後はすごく大変でしたね」と優しい視線を向けた。山本は稲垣に「本当にお世話になりました。すごく大切なシーンで時間がかかってしまったけど、全部のテイクにちゃんとつきあってくださって感謝しています」と頭を下げた。

また、映画の内容にちなみ、自分か抱える闇について尋ねられたゲスト陣。本田は「1日お休みの日があったんですが、何も食べずに1日中18時間ずっとゲームをしてました」と言うと、稲垣は「僕には考えられない」とコメント。「僕は基本が闇。キャンドルしかない。間接照明とか火の光が落ち着くんです。あれ?引いてます?」と周りのリアクションに戸惑う。

山本は「3連休、1人で映画館に通ってました」と言うと、稲垣は「2人とも友だち、いないんですね。僕はいますよ。中年のおじさんです。帰ってきていないことが闇ですね」と、すでに公にしている半同棲中のおじさんをネタにして笑いを取った。

『少女』は、多感な時期を迎えた17歳の2人の女子高生が、“死”を知りたいという願望にとらわれていくというミステリー。『繕い裁つ人』(15)の三島有紀子監督がメガホンをとった。【取材・文/山崎伸子】