小栗旬を主演に迎えた『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督作『ミュージアム』(11月12日公開)のジャパンプレミアが、10月13日に六本木ヒルズアリーナで開催。小栗旬、尾野真千子、野村周平、丸山智己、松重豊、田畑智子、大友啓史監督と、これまでキャスト名がふせられてきたカエル男役の妻夫木聡が登壇した。

詰めかけた客は総勢1200人。雨の日だけに現れる猟奇殺人犯・カエル男にちなみ、会場にはグリーンカーペットが敷かれ、観衆は緑の雨合羽を着用。映画さながらの雨の演出が施された後、遂にカエル男が正体を現した。黄色い歓声を浴びる中で登場した妻夫木は「野村周平の歓声より低かったらどうしようと思いましたが良かったです」と笑顔を見せた。

主人公・沢村久志刑事役の小栗旬は「追い詰められていく役なので、撮影している最中はとてもしんどかったです。途中で監禁されるシーンがあったりしたので、その時は僕もちょっと監禁生活を送ってました」と激白。

妻夫木は、原作コミックの時からカエル男というキャラクターが好きだったと言う。「まさか自分がやらせていただくとは思ってなくて。大友監督とも話をして、映画だからこそできるカエル男を目指せればと思いました」。

最後に大友監督は「カエル男と刑事・小栗旬のVSを観てほしい。極限に追い込まれていく芝居なので。それぞれの俳優たちの限界ギリギリの芝居を観てほしい」と力強く呼びかけた。

『ミュージアム』は過激な描写と緻密に練られたストーリー構成が話題となった巴亮介の同名コミックの映画化作品。カエルのマスクを被った犯人・カエル男のに巻猟奇的殺人事件に巻き込まれていく刑事の姿を描く。【取材・文/山崎伸子】