現在活躍中、または活躍していたスポーツ選手には、学ぶべき点が多い。彼らの発する言葉には数々の名言が含まれている。 トップ選手の生き方や考え方をまとめた自己啓発本からオススメの5冊を紹介する。

熱血スポーツ男が贈る、心から熱くなれる本

松岡修造の熱い心が詰まった教科書である『本気になればすべてが変わる 生きる技術をみがく70のヒント』は生きる技術を磨くヒントを70項目に分けて、丁寧に解説してくれる。
本書には、プロ選手、そして引退後のスポーツ解説者、指導者として活躍する松岡修造の迫力にあふれた言葉があふれている。本気で生きることの大切さを教えてくれる一冊だ。

いま最も注目されるラガーマンが語る人生哲学

ラグビーワールドカップ2015イングランド大会で大活躍した五郎丸歩。
日本ラグビー史上初のワールドカップ3勝を上げたチームジャパンだが、中でもフルバック五郎丸への注目は高かった。
『不動の魂』は五郎丸の自叙伝で、五郎丸とラグビーの魅力を堪能ですることができる。五郎丸がスポーツを通じて学んできたことを学べる本書は、ラグビー好きでもそうでなくても心に刺さるものが多いはずだ。

日本のテニス界のステージを変えた男の言葉

『頂点への道』は2010年以降の錦織圭の言葉をまとめた本だ。
2014年、往年の名選手マイケル・チャンをコーチに迎え、錦織の才能は一気に開花する。ケガやリハビリ、ランキングのプレッシャーを抱えながら成長してきた錦織の苦悩がわかる本書はテニスに詳しくない人でも、読み応えのある一冊だ。

天才と呼ばれた騎手の知られざる素顔

競馬の日本ダービーで5勝という前人未到の記録を持つ往年の名騎手、武豊。
彼には栄光の他にも、知られざる逆境や葛藤、確執があった。
武の20年来の親友で作家の島田明宏がまとめた『誰も書かなかった 武豊 決断』は、そんな武の内面を赤裸々に語っており、武豊の哲学が語られている。
仕事だけでなく人生そのものにいかせる”気づき”や”ヒント”が満載されている一冊。

天才語録〜イチローがイチローたるゆえん

イチローこと鈴木一朗は日本だけでなく、世界も認める天才野球選手だ。
左脳をいかしたプロスポーツ選手のメンタルトレーニングで知られる児玉光雄がイチローの言葉を通じて、徹底的に解析する『天才・イチローを創った魔法の「言葉」』は、児玉がまとめたイチローの思考法だ。天才の一言で片付けるのではなく、イチローを作ったイチロー自身の言葉を解説してくれる一冊はスポーツをしない人の心も動かすに違いない。

フィジカル面では一流であるにも関わらず、二流の結果しか残せない選手も多い。最終的にはメンタル面の成長が結果を左右していると言えよう。
今回は一般の人でも役立つ一生手元においておきたい5冊を紹介した。一般の人でもトップ選手たちの名言や思考法から学ぶことはたくさんあるはずだ。