ライトノベルの魅力と言えばイラストと答える人も多いのではないだろうか。イラストは登場人物のイメージを左右する重要な要素であり、物語のおもしろさにも大きく影響を及ぼすと言っても過言ではない。今回は、人気イラストレーターに焦点を当てて、注目の作品を選んでみた。

超テクニシャン天使と小動物悪魔のラブロマンス

『悪魔乙女にいじわる天使』は永谷圓さくらが小説を書き、イラストは成瀬山吹が担当している。本作はユニークな悪魔リリィと天使キリエの交わりを描いたちょっとアブノーマルなラブロマンス。
ストーリー設定がおもしろく腐女子なら絶対にハマること間違いなしの一冊である。

常勝無敵のヒーローのファンタジー

『アルティメット・アンチヒーロー 常勝無双の反逆者』は『落第騎士の英雄譚』で人気作家の仲間入りを果たした海空りくの作品で、イラストは韓国のNardackが担当。非常に魅力的な美少女が描かれており、イラストを見る目が厳しいライトノベルファンも納得の出来栄えだ。
主人公の神代焔のハチャメチャな強さと、魔術師学校で『お荷物小隊』と言われる少女たちとの交流がおもしろい本作はイラストとストーリーをダブルで堪能できる一冊。

魔女をテーマにした笑いと感動の秀作

山川進の代表作である『うちの魔女しりませんか?』は魔女をテーマにした笑いと感動の秀作だ。
イラストレーターのCUTEGは韓国人であり『彼女がフラグをおられたら』などのイラストも担当しており、日韓両国で人気となっている。
本作は、ペットとして拾われ飼われる魔女のミラと主人公であり飼い主 文哉の成長の物語だ。心がほわっとする温かさもありながら、切なさもある本作。ラストシーンでは、こみ上げて来るものがある人も多いのではないだろうか。

絶対おすすめの学園ラブコメ&ファンタジー

美少女ゲームのシナリオライターとしても活躍している田中ロミオの学園ラブコメ『AURA〜魔竜院光牙最後の闘い〜』。
イラストは今乗りに乗っているマンガ家でアニメーターのmebae(広島祐介)が担当している。学園物を得意とする田中ロミオの本領が発揮されている、決して読んで損をしない作品だ。

人気のイラストレーターが担当するライトノベルを5作まとめてみた。それぞれ戦記物やファンタジー、ラブコメなど作品のカテゴリーは違うが、どの少女たちもヒロインとしてのイメージを保ち魅力的に描かれている。