今回は旅に関する電子書籍の無料版から、おすすめのいくつかを紹介してみます。

世界にあるグルメはおいしそうなものばかり

世界一周に興味がある、そんな人はまずイシコが書く「世界一周ひとりメシ」を読んでみましょう。ひとりでの外食って勇気がいるもので、この著者も元々はひとりで外食なんて怖いという性格だったのです。しかし、勢いでひとり世界一周旅行に出てしまい、本当にいろんなレストランやバーを巡ります。中には、間違った日本食の解釈なども登場し、日本人なら笑わざるえないシーンも満載。ひとり外食ができない人も、これを読めば世界一周にひとりで行ってみたくなるかもしれません。

日本人には信じられない数々の出来事!

ちょっとスリルを味わいたい人は、たかのてるこ「ジプシーにようこそ! 旅バカOL、会社卒業を決めた旅」を読んでみましょう。ジプシーというのはロマ民族のことで、一般的なOLだった著者が、ルーマニアでジプシーに振り回される様が書かれています。最初のほうは、次にどんな事件が起きるのかとハラハラ、後半ではルーマニアの人にも優しい人はいる、ということを思い知らされます。電子書籍ならではの豪華な立ち読みが出来るオススメです。

女性のたくましいスペイン旅行の記録

森知子の「カミーノ! 女ひとりスペイン巡礼、900キロ徒歩の旅」は女性の強さが垣間見える作品になっています。離婚の傷を癒すために始めた旅。そこで出会う多種多様な人々。その中で著者は次第に大切なことを感じ取ってくのです。何かあったら旅に出れば元気が出る、ということを書いた名作旅行記となっています。

格安旅行の参考になることばかり

旅行に行きたいけどお金がない、そんなときには吉田友和「LCCで行く! アジア新自由旅行 3万5000円で7カ国巡ってきました」を読んでみましょう。タイトルの通り、たったの3万5千円で7か国も旅をした体験が書かれているので、これから旅行に行く人の参考になること請け負いです。無料版でも47ぺージ読むことが出来るので、それだけでも得られる情報があることでしょう。

場所も取らなければ、購入してすぐに読み始められる電子書籍。無料版には読める範囲に制限があったり、読める期間に制限があったりします。制限があることを理解した上で、まず手始め無料版を読んでみるのはいかがでしょうか。