直木賞作家である桜木紫乃さんの作品はほとんどが北海道が舞台。「新官能派」として性愛文学の代表作家である。「ホテルローヤル」は父親が釧路に開業したラブホテルの名前だという。

「ホテルローヤル」

第149回直木賞受賞作であるのがこの作品である「ホテルローヤル」。ここは北国の湿原に存在するラブホテル。ここにでてくる男と女のもとめるものは“非日常”。それを求めてその扉を開く。他にも恋人から投稿ヌード写真の撮影をとせがまれる女性事務員や、貧乏寺維持のためには背に腹はかえられず、檀家たちとここで寝る住職の妻、さらにアダルト玩具会社の社員の相手はホテル経営者の娘など。求め合って彼らは安らぎと寂しさを感じながらも部屋を後にする。全7編の中にも男女の愛憎がうまく描かれている素晴らしい作品です。

「硝子の葦」

震える経験をしたことがありますか。ミステリーを読んでブルブル震える、それができるのがこの硝子の葦という作品かもしれません。ストーリーは母の愛人であった男が、今の私の夫。愛は最初からなかった、でもちがった、あるときをきっかけに。夫が事故にあうことで歯車が狂いだす??。善悪の彼岸、それに近づく日常。“仮面”ではもはやなくなり、今では“怪物”が顔を出している。死ぬのは、恰好悪いことなのか? 最後の最後まで、あなたの心は震え続けるだろう、必読のミステリーです。読み逃せば悔やむ、読めば震える! どちらを選ぶ?

「それを愛とは呼ばず」

直木賞受賞後初の長編! 桜木ファンにとっては待ちに待った作品だと言えるでしょう。そんなファンの期待に応えてこの作品こそまさに桜木ワールドの真骨頂として世に放たれたのです。その内容としては 誰もが必死に生きてるものの、決して悪い人がいるわけではない。でも現実はそれぞれが報われないのです。そこに漂う切なさと、結局は最初のうちからどうしようもないなんとも言えない空気。ところがここからがポイントで、衝撃の驚きを隠せないラスト.....! そうこの瞬間を待っていたんださすが桜木、とファンにとっても思わずうなってしまうほどの作品がこれなのです。

「起終点駅 ターミナル」

本作は2015年に主演:佐藤浩市、本田翼、尾野真千子で映像化された。桜木紫乃作品初の映画化作品原作は6つの短編からなっている作品。法では償えない罪を抱えて生きる55歳の弁護士と、孤独を背負い生きる道を見失いそうな25歳の女性。二人の男女が出会い、再び人生を歩み出す姿を描いた物語。性愛文学を代表する作家ではあるがその性描写は過激さよりも、人間の本能的な行為としての悲哀という描き方がなされることが多い。桜木紫乃のこうした作風は、恋愛模様を描くことで純文学的になる。このことで映画自体も芸術性の高い作品に仕上がっている。

この人の作品は人間模様と作者のタッチの力強さに感銘を受ける人も多いのです。どの作品を見ても現代社会をうまく投影し表現している作品だと言えるでしょう。じっくりと楽しみたければ桜木さんの作品しかありませんね。