今年もついにアフタヌーン大収穫祭の季節がやってきました! 「マンガ読みが愛する雑誌」、それがアフタヌーン。マンガを読んで読んで読みまくった人がそろって口にするのが、やっぱりアフタヌーンが好きだ、という言葉。マンガ好きのマンガ好きのための雑誌、アフタヌーンの注目の実りをお送りします! 今週は美男子大収穫祭り! その中から「悪の教典」をご紹介します。

実施期間は、2016年9月16日から2016年9月29日まで! この機会に、作り手の熱意と創意工夫のこもった傑作を無料からお手頃な割引価格で読んでみませんか?

「悪の教典」

映画化もされた、貴志祐介による同名小説の怖さを余すことなく表現した意欲作! 東京都町田市の私立晨光学院町田高校、表向きは普通の高校だが、その実態は不良や、モンスターペアレント、そして集団カンニングや淫行教師など数々の問題を抱えていた。そんな高校に勤めている有能であり人当たりも良く人気者の教師・蓮実聖司。そんな彼は実は自分の都合の悪い人間たちを次々に殺していくサイコキラーという裏の顔を持っているのであった…そして一部の教師や生徒から疑われ始めていた。それを良く思っていない蓮実は次々に疑っている者を抹殺していく…

そして、文化祭の準備期間に入った今、自分にとって邪魔者となった女生徒を自殺に見せかけいつものように殺そうとするが、手順が狂い疑われそうになってしまう。そのことをどうしても隠蔽したい蓮実は、クラス出し物の準備するため、校舎に泊まり込んでいる担任クラスの生徒を、同僚の教師のせいにして散弾銃を使い皆殺しにすることに決めた。楽しい文化祭の準備は血生臭い大惨劇へと変わっていくのであった…人間としての道理の通らないサイコパスが怖すぎる! 鳥肌が止まらない傑作!