スクウェア・エニックスのアニメ化人気作品を一巻半額キャンペーンでお送りします! そんな期待の作品達の中から今回はその独自の世界観と空気感がクセになる「不機嫌なケモノノケ庵」を特集!

2016年9月21日(水)〜2016年10月12日(火)、この機会に夏秋アニメの復習をしましょう!

「不機嫌なモノノケ庵」

ごく普通の高校生・芦屋花繪は、戻橋高等学校に通う15歳。妖怪や幽霊なんて空想上の生き物でありそんなの存在しないと思っていた彼は、夜道で見つけたモジャモジャした妖怪にとりつかれ、妖怪が見えるようになってしまい妖怪を信じざるをえなくなってしまう…それから体調を崩し一週間保健室登校を余儀なくされるという不幸が彼を襲う。しかも日に日に体調は悪化し、どうにかしたいと悩む彼は、「妖怪祓い屋」の張り紙を見つける。今まではそんな張り紙があっても胡散臭いと思っていた彼であったが、一縷の望みをかけ電話をかけるのだった。

そして現れたのは物怪庵の主・安倍晴齋。そして安倍と話しているうちに今まで自分を祟り殺したいのではないかと思っていたモジャが、どんな思いで、そしてなぜ自分に取り憑いたのかを知ることとなる。そして、「モジャに何かしてやれることはないか」という妖怪に対しての理解を示すようになる。モジャを祓ってもらい報酬としての100万“怨”を請求された彼であったが、持っているわけもなく、借金返済も兼ねて物怪庵の「奉公人」という名のバイトをすることに。妖怪を信じていなかった少年と妖怪の交流を描いた傑作漫画!