武井咲(たけい・えみ)が主演をつとめる、TBS火曜ドラマ「せいせいするほど、愛してる」。9月13日(火)よる10時から放送された第9話では、主人公・栗原未亜(くりはらみあ)が、滝沢秀明演じる副社長・三好海里(みよしかいり)と、禁断の逃避行へ旅立つことになった!

中村蒼演じるジミーチュウの宮沢綾(みやざわりょう)との結婚を決意したものの、未亜は再び、木南晴夏演じる三好優香(みよしゆか)の暴走に追いつめられることとなって…!?

宮沢との結婚を決めた未亜だったが!?

ジミーチュウの宮沢綾(中村蒼)との結婚を決めた栗原未亜(武井咲)。その気持ちが揺るがないうちに、実家へ挨拶に行くことにした未亜だったが、宮沢と一緒にいてもつい海里のことを思い出してしまう未亜は、宮沢から「ムードぶち壊しやな。やめさせてもらうわ」と笑顔で言われ、実家への挨拶は見送ることになってしまう。

一方、未亜と別れた副社長・三好海里(滝沢秀明)も、妻・優香(木南晴夏)とやり直すことを心に決め、休日にはふたりで穏やかなデートを過ごすことになったのだが…。そんなとき、優香が、未亜の持っていた合鍵を見つけてしまって……!?

未亜の幸せを願う宮沢が選んだ答えは!?

再び暴走をはじめた優香は、弁護士を伴って職場に乗り込んで来ると、未亜と海里の不倫を暴露。職場は大混乱となってしまう。

その騒動のせいで落ち込むことになった未亜は、心配する宮沢に対しても、「迷惑かけたくないんです」と言って結婚を延期しようとする。そんな未亜の態度に傷つけられた宮沢は、「結婚はやめよう。俺は三好さんを忘れるための道具ちゃうわ」と、未亜に背を向けることに。

慌てて追いかける未亜だったが、「待って待って待って、もう待ちくたびれた」と宮沢は言う。

「世界の誰よりも一番、俺のことが好きやと誓えるか?」

そう問われた未亜は、「ごめんなさい」としか答えられず、宮沢は、「さよなら。元気でな」と未亜に別れを告げ、「幸せになりや、未亜」とつぶやきながら去って行ったのだった……。

追いつめられた未亜と海里は、ついに禁断の逃避行へ!

一方、優香の暴走に困惑する海里だったが、「あの女のことを忘れていないからでしょ!」と優香から責められるばかり。優香にとっては、海里の会社での立場などどうでもいいのだ。

そんなとき、海里は宮沢から呼び出される。すると、問答無用で殴りかかってきた宮沢から、「未亜を幸せにできるのはあんただけや。未亜を幸せにするって約束しろ」と迫られた海里は、「約束する」と答え未亜のもとへ向かう…。

そうして、再会することになった未亜と海里。

「全部捨てて、ふたりで逃げようか」

そんな海里の言葉によって、ついにふたりは逃避行へ向かうことになった……。

夢のように幸福な時間を過ごす未亜と海里

軽井沢にある海里の父親の別荘にたどり着いた未亜と海里。そこでふたりは、手を繋いで買い物したり、一緒にエアギターを演奏したり、「ニューヨークで暮らそう」と夢を語り合ったり、これまでにないほど幸福な時間を過ごすことになった。

けれどその頃、海里の行方を追う優香は、「別荘が解錠されたようだが問題ないか?」という警備会社からの連絡を受け、そこに海里と未亜が一緒にいると確信! 翌日さっそく社長・三好嘉次(松平健)と部長・向井雅代(神野三鈴)に報告すると、三人で別荘に向かうことになった……。

ふたりきりの結婚式を挙げる未亜と海里だったが…!?

未亜と海里を追って別荘にやって来た優香。しかしそこには誰もいなかった……。苛立つ優香だったが、台所の水回りに先ほどまで使われていた痕跡があるのを見て、「まだふたりは近くにいる」と察知して…。

その頃、ひと足早く別荘を出発していた未亜と海里は、近くにある教会に来ていた。

「せめて思い出に、結婚式を挙げたい」

そんな未亜の願いを叶えるため、海里は小さな花で作った指輪を贈り、ふたりきりの結婚式を挙げることに。海里から「愛してる」と告げられ、誓いのキスをした未亜だったが、そこに、ふたりを追ってやって来た優香が現れて……。

「海里から離れなさいよ、このメス豚!」

鬼の形相をした優香の叫び声によって、未亜と海里の幸福な逃避行は終わりを迎えたのだった…。

次回第10話(最終回)は、9月20日(火)よる10時より放送

いよいよ最終回となる本作。衝撃のフィナーレを迎えることになる次回第10話は、TBS系で、9月20日よる10時より放送! お楽しみに。

ドラマ「せいせいするほど、愛してる」 公式サイト(http://www.tbs.co.jp/seiseisuruhodo_love/index.html)