山田孝之が主演をつとめる、TBS及びMBS「闇金ウシジマくん Season 3」。TBS系で9月13日(火)深夜25時28分(MBS系列は9月11日(日)深夜24時50分)より放送された第8話は、上原家にますますフォーカス。鬼畜・神道の手口全開。

神堂、全力開始?

やっと自殺未遂の半死状態から復帰し、退院することになった上原まゆみ(光宗薫)。神堂大道(中村倫也)から逃れるため、1日早く退院したが、一枚上手の神堂に待ち伏せされる。
神堂は表向き「素敵な婚約者」を演じているため、たちが悪い。全力で逃亡を図るも、上原一家全員を巻き込んでの捜索に、まゆみはあえなく確保される。
さらにそこから始まる、拷問。なかなか手強いまゆみを洗脳するため怒鳴り、責め立て、電流を流す。身に覚えのないことを「事実」として刷り込む。
…なんのため? 人脈全てから金をむしり取るため。
そう。借金できることも、人に無心できることも全て金脈になるのだ。それまでが真面目に生きて、人望があればあるほど。
怖い、怖すぎる。
当然、母・広子(武藤令子)からも、父・重則(名倉右喬)からも妹・みゆき(今野鮎莉)からもカズヤ(板橋駿谷)からも絞れるだけしぼる。
みんな、それぞれに神堂と関係を作ってしまっているので、簡単に信じる。人間は信じたいものを信じるはずなのに。天秤が「そうだったらヤダな」という恐怖に振れると、正常な判断ができなくなるのだろうか。

美奈の小さな、復讐

再び、ホームレス生活を送っている結城美奈(佐々木心音)。先週まで謎の男・K(金田誠一郎)に提案されていた「一発のチャンス」は、元彼のJP(福山翔大)がふいにした。
まあ、あれは仕方ない。彼は誇り高き孤高の虎なのだ。
母・恵美子(倖田李梨)に食い物にされてきた美奈だが、今回その母も男に食い物にされ、その男がさらに自分の唯一の親友に貢いでいる状況を知る。なんだこのループ。静かに怒れる少女・美奈。
親友の名を騙り、男を呼び出し、母の前で男の化けの皮を剥ぐことに成功。しかし、母の気づきは遅かった。
しびれを切らした犀原茜(高橋メアリージュン)は、恵美子に利息を返させるため、橋の下に居住する男たちにわずか千円で身を売らせる。
うーん。神堂と犀原、どっちが悪魔だろう。

地獄の腐臭に鼻が効く

上原みゆきを通じて占い師・勅使河原(三田真央)の存在を知り、その動向を柄崎(やべきょうすけ)や、戌亥(綾野剛)に探らせているウシジマくん。今回もみゆきの顔つきが変わったことに天性の鼻が効く。
まゆみは一回目はみゆきの手引きで借金に来るのだが、二度目は神堂の糸引き。「妊娠をしたので堕ろしたい」という名目で。
まじか、神堂。本気でウシジマくんに手、出しちゃったの?ニヤニヤ。 取り立て時、同じ場に居るだけで友人だろうが他人だろうが保証人にする鬼畜だよ? まゆみの婚約者ということは、当然そういう立場になる。これは、正面衝突は免れない。5日後までに搾取するだけして逃げるつもりか。うーん。わからない。
しかし、ここで衝撃の事実。ウシジマに証拠提出を求められて妊娠検査したまゆみは本当に妊娠していることが発覚。
しかもまゆみは産みたい。しかし、神堂のもとでは産みたくない…さあ、ここから考えろ、考えるんだ、まゆみ!
ラストのウシジマくんの「あんた、本当に堕すの?」という問いかけが、洗脳の呪縛から逃れる小さなナイフになるか。
いよいよ次回最終回。22日には劇場版も公開。気になる。気になるよう!

次回最終話は、9月20日(火)深夜25時28分より放送

ついに最終回、終わっちゃう。次回第9話はTBS系で9月20日(火)深夜25時28分(MBS系列は9月18日(日)深夜24時50分)より放送。第1話のウシジマくんと上原まゆみのあのシーンにどうつながるのか、あの後、ウシジマくんがまゆみに吐く言葉はなんなのか、とても気になる。お見逃しなく!

TV「闇金ウシジマくん Season 3」公式サイト(http://ymkn-ushijima-movie.com/dorama/)