中谷美紀が主演をつとめるドラマ(テレビ東京)、宮部みゆきサスペンス「模倣犯」が、2夜連続で9月21日(夜8時58分から)と22日(夜9時から)放送される。21日(水)放送の前篇では、ルポライターの主人公・前畑滋子を中心に、比類なき知能犯によって仕組まれた史上最悪の連続誘拐殺人事件に、3人の人物(滋子、第一発見者の少年、孫娘を殺された老人)が苦しみながらも関わっていく姿が描かれる!

ドラマの原作となったのは、ベストセラー作家・宮部みゆきの同名小説「模倣犯」(新潮文庫刊)。2002年には、故・森田芳光監督が中居正広主演で映画化を手がけた作品でもある。

理不尽な悪に、大切な日常が壊される……

主人公は、物語の発端となった連続誘拐殺人事件を追うことになるルポライター・前畑滋子。演じるのは、ドラマ「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」でも好演していた中谷美紀!

また、第一発見者となる少年・塚田真一役に濱田龍臣、孫娘を殺された老人・有馬義男役に橋爪功、ピースと呼ばれる男・網川浩一役に坂口健太郎、そして、ピースの同級生・高井和明役に満島真之介、同じく同級生・栗橋浩美役に山本裕典が登場!

他にも、清水富美加、久保田紗友、杉本哲太、国広富之、眞島秀和、長田成哉、笠原秀幸、真飛聖、丘みつ子、山中崇、森本レオ、石田ニコル、温水洋一、藤吉久美子、藤田朋子、有森也実、渡辺いっけい、益岡徹、吉田鋼太郎、室井滋、高畑淳子、岸部一徳など、豪華な共演者が物語を盛り上げている。

果たして、主人公・滋子は、不敵な挑発を続ける犯人を追うなかでどのような運命と向き合うことになるのか!? ぜひ、濃厚なサスペンスをじっくり堪能していただきたい。

「模倣犯」あらすじは?

ある日、東京・台東区の公園で、女性の右腕とカバンが発見された…。

そのカバンは、3ヶ月前に行方不明になった会社員・古川鞠子(松本穂香)のものと判明。連絡を受けた鞠子の祖父・有馬義男(橋爪功)と母親・古川真智子(室井滋)は、警察の事情聴取を受けることになるが、そんななか、犯人らしき人物から、「カバンは鞠子のものではない。彼女は別の場所に埋めてある」とテレビ局に電話が入って…!?

一方、ルポライターの前畑滋子(中谷美紀)は、ニュースでその事件を知ると、鞠子の名前を見て驚く……。以前、失踪女性を追うルポで、鞠子のことを取り上げていたからだ。

さっそく滋子は、雑誌「サブリナ」の編集長・板垣雅子(高畑淳子)を訪れ、中断していたその失踪者ルポを書かせて欲しいと頼むことに。すると、そこで滋子は、板垣から事件の重要情報を明かされる……。発見された「女性の右腕」の第一発見者が、1年前に起きた一家強盗殺人事件で唯一生き残った17歳の少年・塚田真一(濱田龍臣)だというのだ。

そうして、滋子は、悲劇の少年・真一を中心にした事件記事を連載することになるのだが…!?

「模倣犯」前篇は、9月21日(水)夜8時58分から放送!

連続誘拐殺人事件を巡り、比類なき知能犯に挑むルポライターの主人公・前畑滋子の戦いと苦悩が描かれるドラマ「模倣犯」。前篇は、テレビ東京系列で9月21日(水)夜8時58分より放送!

また、2夜連続で放送される後篇は、9月22日(木・祝)夜9時より放送だ。お楽しみに!

ドラマ公式サイト http://www.tv-tokyo.co.jp/mohouhan/