織田裕二主演、TBS日曜劇場枠にて放送される本格ミステリー「IQ246〜華麗なる事件簿〜」[2016年10月16日(日)よる9時スタート]に、織田の盟友・石黒賢の出演が決定し、CMクリエイティブディレクター役を務めることが明らかになった。

今作では、やんごとなき貴族の流れを汲みながらも、時の権力とは無関係に、代々、有りと有らゆる学問のみを探求してきた法門寺家の現89代当主で、自らが解くに値する謎を求めている法門寺沙羅駆(織田裕二)が、世間にはびこる難事件をIQ246(超遺伝頭脳)の叡智で鮮やかに解決していく様子が描かれる。共演陣には土屋太鳳、ディーン・フジオカ、宮尾俊太郎、真飛聖、新川優愛、矢野聖人、篠井英介、寺島進、中谷美紀ら、豪華かつ個性豊かな顔ぶれが集結している。

このたび出演が発表された石黒賢は、20分拡大で放送される第1話のメインゲストとして登場。織田とは93年放送のフジテレビ系「振り返れば奴がいる」にてライバル役として対峙する対照的な医師役で初共演、以降も2002年にTBSの連続ドラマ「真夜中の雨」、2014年にWOWOWの連続ドラマ「株価暴落」で共演しており、今作でドラマでの共演は4度目となる。

そんな石黒が演じる早乙女伸は、第1話で沙羅駆が偶然知り合うことになるやり手のCMクリエイティブディレクター。共通の知人宅で優雅な食事を楽しんでいる折に早乙女の会社に強盗が入り、部下が命を落としたとの連絡が入る。しかし、沙羅駆の脳に浮かんだ微かな疑問。そしてその疑問を解いていくうちに次々と新たな謎が…。

主演の織田は、石黒との共演について「「振り返れば奴がいる」の時は、彼がとても良い人の役柄で、僕がどちらかというと悪い人の役柄でしたが、今回はお互いあの時とはまた全然違う役柄で、闘いあう設定が楽しみです。芝居には緊張感が必要だと思いますが、二人とも大人になりましたから、緊張感だけじゃない、ゆとりみたいなものがちょうどいい具合に出たらいいな」とコメント。

一方、石黒は「織田さんはすごく芝居に対して真面目な人なので、一緒に芝居をするのが楽しいです。彼は真面目がゆえに昔から現場でいきなりセリフ合わせをし始めるんです。いきなり自分のセリフ言い出すので、じゃあ一緒にやらないと申し訳ないなぁと、僕はそんな彼に慣れているので合わせてます(笑)。視聴者には彼の演じる沙羅駆の切れ者ぶりを堪能して欲しいです」とメッセージを寄せている。

IQ246の天才貴族と気鋭のCMクリエイティブディレクターが火花を散らす第1話、気になる人はチェックをお忘れなく。ドラマの詳細ならびに続報については、公式サイトを参照されたい。

(C)TBS

■織田裕二 コメント

石黒さんと初共演した「振り返れば奴がいる」の時は、彼(石黒さん)がとても良い人の役柄で、僕がどちらかというと悪い人の役柄でしたが、今回はお互いあの時とはまた全然違う役柄で、闘いあう設定が楽しみです。撮影に入って、彼の演じるクレバーな早乙女伸に沙羅駆(織田)はいじめられてます(笑)。相手に不足なしです。芝居には緊張感が必要だと思いますが、二人とも大人になりましたから、緊張感だけじゃない、ゆとりみたいなものがちょうどいい具合に出たらいいなと思っています。

■石黒賢 コメント

織田さんはすごく芝居に対して真面目な人なので、一緒に芝居をするのが楽しいです。すでに撮影に入っている他の出演者の方はもうお分かりだと思いますけど、彼は真面目がゆえに昔から現場でいきなりセリフ合わせをし始めるんです。いきなり自分のセリフ言い出すので、じゃあ一緒にやらないと申し訳ないなぁと、僕はそんな彼に慣れているので合わせてます(笑)。視聴者には彼の演じる沙羅駆の切れ者ぶりを堪能して欲しいです。

■植田博樹プロデューサー コメント

この作品は、犯人と沙羅駆の知恵比べで見せていくミステリーです。織田さんの最大のライバル役って、誰かなぁ、と、みんなで考えていた時に、やっぱり石黒賢さんでしょう!と、みんなで同時に声があがりました。
調べたら、あの対決から23年も経つそうですが、今でも、あのヒリヒリとした対決が鮮やかに蘇ります。大人の方にはそんな楽しみ方も含めて、今回の2人のバトルをお楽しみください。23年前のあの伝説に勝るとも劣らない、この作品での、円熟した2人のバトルは、いやぁ、もう、最高です!

■日曜劇場『IQ246〜華麗なる事件簿〜』|TBSテレビ

http://www.tbs.co.jp/IQ246/