法月綸太郎の推理小説「一の悲劇」が初のドラマ化! 長谷川博己主演で「誘拐ミステリー超傑作 法月綸太郎 一の悲劇」として、9月23日(金)よる9時から放送の金曜プレミアム(フジテレビ系)に登場です! 大ヒット中の映画「シン・ゴジラ」でゴジラ襲来に立ち向かう主人公を演じている長谷川博己が、本格ミステリー作品で初めて主演に挑みます。

原作は、“誘拐ミステリー史上、屈指の傑作”と言われている法月綸太郎の「一の悲劇」。予想を裏切るストーリー展開と、斬新なトリックで不動の人気を勝ち得ている“ミステリー作家・法月綸太郎シリーズ”を、映像で見ることができるなんてミステリーファンならずとも嬉しい限り。豪華キャスト陣が作り出す、新感覚の超傑作ミステリーの世界にどっぷり浸って欲しいドラマです。

あまりにも悲しい誘拐事件

ストーリーは、ある住宅地で身代金目的の誘拐事件が発生するところから始まります。それは、連れ去るべき子供を犯人が間違えたという悲劇的な誘拐でした。身代金の受け渡しは失敗し、誘拐された子供は無残な姿で発見されてしまいます。犯人はだれなのか、 なぜ誤認誘拐が起きたのか、さまざまな憶測が飛び交うなか、1人の容疑者が浮かんできます。でもその容疑者には、ミステリー作家・法月綸太郎(長谷川博己)と共にいたという、確固たるアリバイがあったのです…。

豪華キャストがドラマを盛り上げます

長谷川博己演じる主人公・法月綸太郎は、ミステリー作家であると同時に様々な犯罪やトリックの知識を持ち、優れた頭脳と鋭い推理力を持ち合わせています。綸太郎の父で、警視庁捜査一課キャリア・法月貞雄を奥田瑛二が演じ、ドラマオリジナルキャラクターとして法月家に通う家政婦・小笠原花代を渡辺えりが務めます。他に伊原剛志、富田靖子、矢田亜希子、モロ師岡らが出演し、登場人物の奥深い設定から目が離せない展開になることでしょう。

原作は20年以上前の作品になりますが、現代を舞台にし、衣装や小道具などにもこだわっての映像化。法月綸太郎の魅力、そして、新たな長谷川博己の魅力をご堪能ください。

金曜プレミアム「誘拐ミステリー超傑作 法月綸太郎 一の悲劇」

金曜プレミアム枠30分拡大スペシャルでお送りする「誘拐ミステリー超傑作 法月綸太郎 一の悲劇」は、9月23日(金)よる9時からの放送です。どうぞお見逃しなく!

「誘拐ミステリー超傑作 法月綸太郎 一の悲劇」公式サイト(http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2016/160831-i228.html)

金曜プレミアム 公式サイト(http://www.fujitv.co.jp/kinpremium/)