集英社がデジタル文芸ジャンルで、レーベルを横断した大規模キャンペーンを実施しちゃうぞ。歴史・時代小説特集では「四十八人目の忠臣」が期間限定で20%割引。この機会にぜひチェックしてみよう。キャンペーンは10月7日(金)から10月20日(木)まで。

諸田玲子のヒット作「四十八人目の忠臣」とは?

赤穂浅野家に仕えるきよは浅草小町と謳われる美女。当主内匠頭(たくみのかみ)の寵臣礒貝十郎佐衛門と、夫婦の約束をしている。だが、内匠頭が吉良上野介を殿中で斬り付け、お家は断絶。礒貝は、家老大石らとあだ討ちを画策する。きよは恋と忠義のはざまで、討ち入りの日を迎える。本懐後も忠義を貫き、遺族の赦免と浅野家再興を目指し将軍家へ近づいていく……。歴史に名を残した実在の女性を描く全く新しい忠臣蔵誕生!

キャンペーン対象作品

「四十八人目の忠臣」 875円→670円
「ミシェル 城館の人 第一部 争乱の時代」702円→562円
「ノストラダムスと王妃 上」594円→475円
「ノストラダムスと王妃 下」594円→475円
「暗殺」420円→346円
「鍋奉行犯科帳」545円→436円
「晴れた空(上)」702円→562円
「晴れた空(中)」702円→562円
「晴れた空(下)」702円→562円
「斬られ権佐」545円→436円