三上博史が型破りなワケあり弁護士を演じている、読売テレビ系プラチナイトドラマ「遺産相続弁護士 柿崎真一」もいよいよ最終話となる。9月22日(木)よる11:59に読売テレビ系で放送される第11話は、突然柿崎のもとに訪れた娘・みなみ。母が自殺した理由を知りたがるみなみに、柿崎は…? ついに柿崎の過去が明らかになる!! ゲストには、柿崎の娘・みなみ役に鈴木梨央が出演。

遺産相続専門法律事務所「ラストリクエスト」の弁護士・柿崎真一(三上博史)が、遺産をめぐる骨肉の争いを、型破りな方法で解決させていく1話完結のオリジナルストーリー。遺産を通して、お金だけではなく、遺産に隠された本当の価値や、残された者に対しての故人の愛や、大切な想いがそれぞれのエピソードに込められていて、人間模様が浮き彫りになりながらも、心に染み渡るドラマになっている。
キャストには、柿崎真一役の三上博史、新米弁護士・丸井華役に森川葵、そして、豊原功補や酒井若菜が出演。

第11話…5年ぶりに再会した娘が依頼人

遺産相続専門弁護士・柿崎真一(三上博史)のもとに、小学生の娘・みなみ(鈴木梨央)が突然現れた。母・まゆみ(西山繭子)が自殺した本当の理由を教えてほしいと言うみなみだが、柿崎はなにも答えようとしない。その後、作家だった母が残した5億もの印税の遺産を、柿崎に1円も渡したくないと考えたみなみは、柿崎の事務所を訪れ、丸井華(森川葵)や河原井正(豊原功補)に相談するが…。

最終話は、9月22日(木)よる11:59より放送

愛娘の依頼に柿崎が伝えるラストリクエストとは…。そして、柿崎の運命は…!? 最終話となるプラチナイトドラマ「遺産相続弁護士 柿崎真一」第11話は、読売テレビ系で9月22日(木)よる11:59より放送。

三上博史主演「遺産相続弁護士 柿崎真一」 公式サイト(http://www.ytv.co.jp/kakizaki/)