さまざまなコンプレックスを抱える芸能人が集まり、その爆笑エピソードで競い「最高のオモシロコンプレックス」を決定する『明石家さんまのコンプレッくすっ杯』の第8弾が9月23日(金)午後7時より放送される。

今回は、総勢24名のゲストが「貧乏」「おデブ」「大舞台でやっちゃった」「顔濃い」「薄毛」「ウソついてました」の6チームに分かれて爆笑エピソードを披露。

「貧乏」チームには、数々の驚愕体験から「貧乏レジェンド」と呼ばれる風間トオルが復活参戦。おやつ代わりに食べていた草の味の違いなど、今回も超越した話を披露する。風間が力説する、貧乏ならではの「パンツコントロール」とは?

「ウソついてました」では、TMネットワークの木根尚登が「デビュー当時エレキギターが弾けなかった」と衝撃の告白。弾いてないんだからと、小室哲哉から大道芸人のようなパフォーマンスを求められたなど、仰天エピソードを披露する。

「おデブ」では、安藤なつ(メイプル超合金)や塚地武雄(ドランクドラゴン)らが「危険と隣り合わせ」な過酷なおデブ生活を明かす。そして「薄毛」チームで、斎藤司(トレンディエンジェル)らから、決勝に進んだらカツラを取るよう言われた矢幡は...。

審査委員として草刈民代、沢村一樹、中丸雄一らが出演する。

『明石家さんまのコンプレッくすっ杯』は9月23日(金)午後7時〜9時48分にABC/テレビ朝日系で放送される。