music.jpにて2016年9月21日付の週間電子書籍ランキングが発表された。「女医が教える 本当に気持ちのいいセックス」が1位になり、前回1位の「どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法」が3位。2位の「コンビニ人間」とともに最近強い3冊が並んだ。

4位に「海外進出企業総覧(会社別編) 2016年版」が初登場ランクイン。日本企業の海外関係会社の詳細が、主要産業別に閲覧することができるデータ本。2万円を超える高額商品ながらも4位と高い位置でのランクイン。2000ページ近い量なので、実物を持つよりも電子書籍で持ちたいと思うユーザーが多いのかもしれない。こういった書籍は電子書籍の利点がうまく反映されているように感じる。

■週間電子書籍ランキングTOP10

第1位 女医が教える 本当に気持ちのいいセックス

※AVはセックスの教科書ではない! 現役産婦人科医の宋美玄先生が、世に蔓延する間違いだらけのセックスマニュアルにメスを入れ、性科学的に正しいセックスの基本を説いている。

第2位 コンビニ人間

※第155回芥川賞受賞作。大学卒業後は就職もせず、コンビニのバイトを18年続けている36歳未婚女性、古倉恵子。マニュアル化された生活を親しんでいたところ、婚活目的の新入り男性、白羽がやってくる。

第3位 どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法

※「開脚の女王」と呼ばれているヨガインストラクターEikoが教える、4週間で達成できる最強プログラム。2015年に発表した開脚メソッドを紹介する動画はなんと250万回以上再生を記録!

第4位 海外進出企業総覧(会社別編) 2016年版

※主要産業別に各日本企業の海外関係会社の詳細が分かるようになっている。ライバル会社や取引先の海外戦略がどのようなものか把握するのに最適。

第5位 火花

※お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹が書いた初の中編小説。第153回芥川賞を受賞して一躍ベストセラーに。売れない芸人・徳永が先輩芸人・神谷に弟子入り志願。人間味溢れる神谷に惚れていく徳永に、神谷は笑いの哲学を教えようとする。

第6位 自分を操る超集中力

※「気が散ってしまい、いつも集中が続かない」 「仕事や勉強で毎日疲れている」 「本番や締め切りが近づいて、せっぱ詰まっている」、そんな方に送るメンタリストDaiGoによる集中方法。

第7位 君の膵臓をたべたい

※2016年本屋大賞にノミネートされるなど注目されている新人作家・住野よるの現代小説。ホラー小説かのようなタイトルだが中身は誰もが胸をくすぐられるであろう青春物語。

第8位 たった7秒で相手の心をつかむ話し方

※初対面での心のつかみ方、会話が自然に始まる技、その場を絶対に盛り上げてくれる鉄板ネタなど、対人コミュニケーションを変えてくれる技術が詰まった一冊。

第9位 陸王

※足袋作り百年の老舗が、ランニングシューズに挑むこととなる。老舗とはいえ業績はじり貧の零細企業。社長の宮澤はふとランニングシューズの開発をしてみてはどうかと思いつく。

第10位 天才

※かつて「金権政治」と批判していた石原慎太郎が田中角栄の一人称形式で描く自叙伝小説。幼少期、政界入り、絶対的な政治力、ロッキード事件、などどこに焦点を当てても読み応えのある田中角栄のストーリーを、石原慎太郎が描く意欲作。

------------------
第11位以降のランキングが気になる方はmusic.jpで確認しよう。