フジテレビ系で放送中の、松嶋菜々子主演「営業部長 吉良奈津子」。9月22日(木)よる10時より放送の第10話(最終話)では、吉良奈津子(松嶋菜々子)率いる営業開発部が、いよいよ「シティドリンク」のコンペに挑む。一方、その他にも決着をつけなければいけない問題と向き合う奈津子。その結果は?

前回の第9話で、大手飲料メーカー「シティドリンク」のコンペに参加するため、プレゼン資料を準備していた奈津子。しかし過労のあまり倒れ、入院を余儀なくされてしまう。残された営業開発部員たちは一丸となり、高木啓介(松田龍平)の力も借りて、資料を完成させる。ところがそのデータが丸ごと消失。犯人は同じ部署の一条達哉(DAIGO)だった…

「シティドリンク」のコンペの日がせまる

「シティドリンク」のコンペの日まであと僅か。そんな中、奈津子は、コンペ当日に臨時役員会が開催されるという情報を聞きつける。

その会議で、東邦広告の合併が決定するらしい。それは、営業開発部の廃部を意味するのだろうか?

部長として正しい判断は?

常務の斎藤良一(石丸幹二)は、「シティドリンク」のコンペに営業開発部が勝った場合は、廃部撤回を社長に進言する、と奈津子に約束していたはず。

これでは約束が違うのでは? と、斎藤に訴える奈津子。しかし斎藤に、「すべては取締役会で決定すること。そこまで言うなら社長に直談判したらどうだ?」と言われてしまう。

自分が直接話をしたところで、社長の気が変わる保障はない。たとえコンペに勝っても、役員会で営業開発部の廃部は決定し、部員たちは職を失ってしまう恐れがある。

そんなことなら、ここでコンペに賭けるよりも、部下たちの将来を考えて再就職先を考えた方が、上司として正しい判断なのでは? 奈津子に迷いが生じる。

奈津子を一喝する高木

そんな奈津子に、高木が本気で怒り出す。コンペを目前に控え、営業開発部員たちは、全員生き生きと最後の準備に全力を注いでいるのだ。

果たしてコンペの結果は? そして、営業開発部の将来は?

すべての結末を見逃すな!

奈津子が抱えているもう一つの大きな問題。それは、浮気心を起こした夫、小山浩太郎(原田泰造)ときちんと向き合うこと。

たとえ不倫がなかったとしても、奈津子は今までと同じように浩太郎と接することはできない。ふたりは新たな関係を築くことができるのだろうか?

さらには、営業開発部の中の異端児だった一条。最後に彼は誰の味方となるのだろう? 

そして、「話したいことがある」と奈津子に言っていた高木。それはどんな話なのか?

最終話は、9月22日(木)よる10時より放送

衝撃の結末を迎える!? 「営業部長 吉良奈津子」第10話(最終話)は、フジテレビ系で9月22日(木)よる10時より放送。

見逃し配信、トピックス情報もあるので、まずは公式サイトをチェックしよう。山下達郎による主題歌「CHEER UP! THE SUMMER」とあわせて、お楽しみいただきたい。

松嶋菜々子主演「営業部長 吉良奈津子」 公式サイト(http://www.fujitv.co.jp/kiranatsuko/index.html)