沢村一樹が日本テレビ連続ドラマ初主演を務める2016年10月期曜ドラマ「レンタル救世主」[初回は10月9日(日)よる10時から30分拡大放送]に、「MARS〜ただ、君を愛してる〜」や「HiGH&LOW Season2」などへの出演で注目を集めるイケメン若手俳優・稲葉友の出演が決定し、女装男子役に挑戦することが明らかになった。

今作は、莫大な借金を抱えた超絶お人好しな中年男・明辺悠五(沢村一樹)が、依頼を受ければ期間中は如何なる無理難題もこなすが、依頼期間を1秒でも過ぎれば赤の他人という、営利目的のレンタルサービス“レンタル救世主”として、仲間と共に痛快爽快に悪を挫いていく様子を描いた作品。沢村扮する明辺悠五とともに“レンタル救世主”となる、兎にも角にも目立つことが大好きでやたらと腕っぷしが強い男・葵伝二郎役を、日テレドラマ初出演のジャニーズWEST・藤井流星が、そして、救世主の2人に初仕事で救出される謎の少女・百地零子役を志田未来がそれぞれ演じる。

このたび追加キャストとして発表された稲葉友が演じるのは、零子(志田未来)が通うコインランドリーでなぜかいつも遭遇する女装男子・薫。何やら経験多き人物だが、実は警察署長の息子で、時として零子の背中を押すことになるキーパーソンであるという。自身初のプライムタイム連続ドラマレギュラー出演となる稲葉は、役作りで一部の体毛を剃り、目指すキャラクター像に近い人の話し方や仕草を研究。慣れないスカート、ロングヘア、キャラクターの複雑な心理と格闘し、共演者やスタッフからは「かわいい!」「いい女!」などの評判を得ているそう。

今作への出演について、稲葉は「様々なギミックはありますが、志田未来さん演じる零子に寄り添って謎多き薫という役を演じていけたらと撮影に臨んでおります」とコメント。また、自身の役柄については「女性の服と髪とメイクをしていただくと自然と女性の仕草が身体から立ち上がる感覚は演じていてとても新鮮で、そんなところも視聴者の皆様にも楽しんでいただけたら」と語っている。

ドラマ「レンタル救世主」の初回は、10月9日(日)よる10時から30分拡大で放送される。作品内容の詳細ならびに続報については、公式サイトを参照されたい。

■稲葉友(薫 役)コメント

「助けて」という言葉は確かに中々言いたくても言えないものだなと台本を読んでハッとしました。
様々なギミックはありますが、志田未来さん演じる零子に寄り添って謎多き薫という役を演じていけたらと撮影に臨んでおります。
女性の服と髪とメイクをしていただくと自然と女性の仕草が身体から立ち上がる感覚は演じていてとても新鮮で、そんなところも視聴者の皆様にも楽しんでいただけたら幸いです。
今の時代の流行や日常が所々に感じられるところも見所かと。
日曜の夜に個性も彩りも豊かな登場人物たちが皆様の背中をそっと後押しする作品になると思いますので是非ともご覧ください。

【薫】
百地零子が近所のコインランドリーで遭遇する謎の女装男子。
核心を突く一言を言う、何やら経験多き人物。実はこの街の警察署長の息子でもある。

■福井雄太プロデューサー コメント

今回の薫という人物は一目見て女性と見間違ってしまうような人間的な美しさと、かつ的確人相手の心の中に飛び込んでくる潔さを持ち合わせたキャラクターとして作品に色合いを加えるべく、非常に男らしくて、でも繊細さも同時に漂わせる稲葉さんがぴたりとハマると思いキャスティングさせていただきました。このキャラクターショー的なドラマの中にまたどんな輝きを放ってくださるのか楽しみにしています!

■ドラマ「レンタル救世主」

2016年10月日曜ドラマ 22時30分〜23時25分
※初回放送は10月9日(日)よる10時〜の30分拡大SP!

<物語>

『助けて欲しい!』だけど誰にも相談できない……。そんな時はまずは1本お電話を!
この男の職業。その名も『レンタル救世主』!!期間限定の御依頼で如何なる無理難題もこなす貴方だけの救世主が現れる!。これはレンタル産業がムーブメントを起こすこの世に現れた、新機軸の「レンタル会社」。
しかし……、この男、決して救世主などと崇められるようなやつじゃない。
莫大な借金を抱えて妻子のために「命を懸けて救世主をさせられる」、超絶お人好しな中年男!
だが、そんな『ダメ人間』がなぜか『救世主』を名乗り、活動させられるこの会社。
『致し方なく』、『仕事』として「救世主をやらされる」男が、家族のため!借金返済お金のため!
今日も命を懸けさせられる!!
雇われた「救世主」が、仲間と共にレンタル期限付きで痛快爽快に悪を挫く物語!!
「助けて」と願えば甘えと呼ばれ、「助けたい」と叫べば偽善と呼ばれる世の中で、完全歩合制、営利目的で貴方の危機に馳せ参じます!!
あなたの週末日曜日の夜を「お借り」して、リッチな世界観の中、必死に駆け回る「ダメ人間」たちに
笑って泣いて、スッキリしてはみませんか??

公式サイト⇒http://www.ntv.co.jp/renkyu/