欅坂46メンバー総出演のミステリードラマ「徳山大五郎を誰が殺したか?」。テレビ東京で9月17日(土)深夜0:20に放送された第10話では、欅学園卒業生の3人が徳山大五郎(嶋田久作)を同窓会に引っ張り出そうとやって来る。「LINEで連絡をもらった」という彼女たちの話から、新たな事実が判明。一方で生徒たち(欅坂46)の忍耐も限界に近づき、ついに特定の生徒に疑惑が集中。そして…

友梨奈VS橋部

教室に仕掛けられていた盗撮カメラ。それは用務員、橋部(今野浩喜)の仕業だった。

「徳山を殺したのは、あなただったんですね?」と、ひとり橋部と対決する平手友梨奈。「だから事件が起きたときの映像を消した」。しかし橋部は、「ビデオを消したのは俺じゃない」ときっぱりと否定する。

凶器のナイフを友梨奈のロッカーに隠したのも橋部だった。友梨奈がそのことを詰問すると、「探偵気取りのくせにタラタラやってるから」と言い、「もっと楽しませてくれよ。すごいもん期待してるんだから」。

橋部は殺人犯ではないかもしれない。しかし、かなり屈折した人物なのは間違いない。この発言からしても、生徒たちがギリギリに追い詰められるのを期待しているように聞こえる。それを見るのが目的? 徳山が通っていたという<覗き部屋>的な、気持ち悪さだ。

文化祭準備スタート

普段の授業が終わり、一同は文化祭の準備に取り掛かる。お化け屋敷設置に向けて、小道具やら衣装などの制作へ。絵の得意な佐藤詩織は、積極的に作業に没頭している。

そこへ現れたのが、この学園のOGである大学生3人。「徳山を同窓会に引っ張り出そうと思って」とにぎやかだ。

「先生、今日はお休みなんです」と答える友梨奈に、彼女たちは「さっきLINEしたら、教室にいるって返事もらったのに」。またしても、誰かが徳山の名を騙っているのだ。

ちょっと待たせてもらう、というOGたちの前に、神崎(江口のりこ)が登場。3人は、神崎を見て驚く。昔はもっとギャルだったのに、と…

卒業アルバムを見せてもらった生徒たちは、そこに今とは全く雰囲気の違う神崎を発見。さらに友梨奈は、橋部がこの学園の副理事長だと知る。

卒業アルバムを見て騒いでいるクラスメートたちに、詩織が軽くキレた。彼女は早く作業を進めたいのだ…しかし、それが本当に理由なのか?

ひとつ気になることがある。第4話で、彼女は徳山に「裏口入学のリスト」を渡した不審な男の似顔絵を正確に描いていた。クラスメートのものすごくテキトーな証言をもとに、見事なものだった。あれはてっきりただのギャグと思っていたのだが…

もしかすると、彼女はさまざまな事情を知っているのかもしれない。そして卒業アルバムには、何か知られたくないヒントが隠されていた?

薄皮を剥がすように、ひとつずつ明らかになる事実

その頃、神崎は生徒のひとりと話していた。「1週間、長かったわね」。
第8話でも、神崎は「入試データ」を持ち出すというリスクを犯したことを、生徒の誰かに愚痴っていた。彼女が、何かの秘密につながっているのは間違いない。しかもそこには生徒も絡んでいる。 それは一体…?

真っ先に疑われるのは長濱ねるだろう。長期にわたって不登校だったのに、徳山が死体となって発見された直後から、登校を再開している。

彼女の不登校の理由が、今回初めて明かされる。優等生でもない自分に勝手な期待をかけていた徳山が、授業中に携帯で教師の悪口を書いたねるにキレて、頬をビンタした。それ以来、ねるは「ゼッタイ許さない」と心に誓ったのだ。

ミステリーの定番として、このくらいあからさまな事情を抱えている不審人物は、むしろシロのことが多い。けれども、彼女が他の誰かを何かから“庇う”ことは考えられる。

一方、ねるを庇う人物はすでに存在している。渡邉理佐だ。理由は、ねるのことが好きだから。そんな理佐を好きな石森虹花は、ねるに厳しい容疑の目をむける。けれどもそれは、推理からではなくただの嫉妬心からだ。

次々に明らかになる彼女たちの“秘密”。しかしどれも、徳山の死に直接的に結びつくものではないのだ。

やっぱりねるは怪しい! と言う一同へ反撃するねる

ねるが徳山と会った直後に、徳山が殺されたのは果たして本当に偶然なのだろうか?

もう1週間も死体と過ごし、いい加減限界な生徒たち。「もう犯人なんかどうでもいいから、死体どうにかしてよ」「さっさと自首してくんない?」など、投げやりな発言が相次ぐ。

なかなか死体と1週間過ごすというのは、想像しにくい。でも彼女たちのこの無茶な発言は、あるいはそんなものかもしれないな、と思わせるリアルさがある。

そんな中、ひとり相変わらず能天気なのは渡辺梨加。「死体と昼ごは〜ん」なんて、意味不明の歌を歌っている。

これがただのコミック・リリーフなのか、あるいは彼女の行動は大きな意味を持っているのか?

閑話休題。ますます風当たりの強くなるねるだが、彼女は彼女なりのリサーチを続けていた。誰が徳山のふりをしてLINEを送っていたか、皆を観察していたのだ。

そしてついに…「徳山の携帯、持ってるでしょう?」その相手は…なんと米谷奈々未?!

徳山大五郎を誰が殺したのか?

未だに真相が見えない「徳山大五郎を誰が殺したか?」。第10話にして、今までノーマークだった奈々未が、新たに容疑者として浮上してきた。

今回、触れられなかった謎もある。徳山が持っていたニトログリセリン。欅学園の制服を着た人物と徳山のツーショット写真。ねるが徳山から託されたディスク。

橋部の「もっと楽しませてくれよ。イッツ・ショータイム!」は、我々視聴者の気持ちの代弁かもしれない。

次回第11話は、9月24日(土)深夜0:20より放送

いよいよ残すところあと2話。すべての謎が解けるのか? 次回「徳山大五郎を誰が殺したか?」第11話は、テレビ東京で9月24日(土)深夜0:20より放送。他地域の情報は公式サイトでチェックしよう。

欅坂46メンバー総出演ドラマ「徳山大五郎を誰が殺したか?」 公式サイト(http://www.tv-tokyo.co.jp/tokuyama/)