大団円を迎えた国民的人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の最終200巻に、これまでの連載で登場した350人超のキャラクターブック「こち亀調書」が付いた「こちら葛飾区亀有公園前派出所 200 40周年記念特装版」(秋本治/集英社/9月17日発売)が、週間20.7万部を売り上げ、2016年9月26日付オリコン週間“本”ランキング(集計期間:9月12日〜9月18日)のコミック部門で2位を獲得した。

1976年の連載開始より40年にわたって世代を問わずに愛され続けてきた「こち亀」の、オリコン週間“本”ランキング(2008年に発表・集計開始)におけるコミック部門最高位は、173巻の9位、最高売上作品(巻)は164巻の累積12.1万部だったが、そのラストを飾る200巻では同作最高の順位と売上部数をともに記録。来週付以降に1位を獲得するのかどうか、その辺も注目を集めそうだ。

さらに今作は、オリコン週間“本”ランキングにおいて、「100巻超え」(101巻以上)のコミック作品としては最高位を記録。今週付でも最新115巻が10位(週間5.9万部)にランクインしている森川ジョージの「はじめの一歩」(講談社)の102巻と105巻がともに記録した最高4位を更新し、快挙達成で有終の美を飾った。

また、今週付同部門では、「こち亀」最終200巻の通常版も17位(週間3.8万部)に登場。そのほか総合部門にあたるBOOK部門でも、「こち亀」と「おそ松さん」「ガールズ&パンツァー」など6つの人気作品によるコラボが実現した「VS.こち亀 こちら葛飾区亀有公園前派出所ノベライズアンソロジー」(集英社/9月17日発売)も28位(週間0.8万部)にランクインしている。

なお、コミック部門の1位に輝いたのは、実写映画化も決まっている「東京喰種トーキョーグール」の新編「東京喰種トーキョーグール:re」の最新8巻(週間32.0万部/石田スイ/集英社/9月16日発売)で、こちらは新編シリーズ7作連続の1位獲得となった。

(C)秋本 治・アトリエびーだま/集英社