『世界ふしぎ発見』は、世界各国をミステリハンターが訪れ、ふしぎを解明する教養系のクイズ番組。9月24日(土)午後9時放送回では、意外に共通点の多い世界遺産、宮島とフランスのモン・サン=ミッシェルに迫る。

幕末1858年に日本とフランスの間で結ばれた日仏修好通商条約から150周年を記念して2008年に共同してつくられたポスターには、フランスで人気の宮島とモン・サン=ミッシェルが起用された。海の上に浮かぶ世界遺産というだけではなく、その起源にも共通点が見られる宮島とモン・サン=ミッシェル。

海の姫神三柱を祀る神殿造りの宮島では、鳥居が倒れないようにする古人の知恵が生かされていた。さらに、モン・サン=ミッシェルにも足を運ぶミステリー・ハンター。13世紀当時の最高峰の技術を持って改修された修道院は、中庭を臨む美しい回廊、二重の柱でつくられた程よい明かりと当時の建築技術が垣間見える。しかし、見るものを魅了する宮島もモン・サン=ミッシェルも過去に自然の猛威によりさまざまな被害を被ったという。被害を受けて人々が生み出した知恵とは?

この『世界ふしぎ発見』は、9月24日(土)午後9時よりTBS系で放送される。