日曜あさのクラシック音楽番組「題名のない音楽会」(テレビ朝日系)、9月25日(日)午前9:00〜午前9:30の放送回は、「リズムを楽しむ音楽家たち」としてタブラのU-zhaanとドラムの石若駿が登場。

U-zhaanは日本を代表するタブラ奏者。オニンド・チャタルジー、ザキール・フセイン両氏に師事した。石若駿は13歳からクラシックパーカッションを始め、日野皓正らとの共演も多く日本ジャズ界注目の若手ドラマーだ。2人のジャンルを超えた打楽器談義と、司会・五嶋龍も加わる番組ならではのコラボレーションも見どころ。

プログラムは、「聖者の行進」(作曲:ルイ・アームストロング)、「蘇州夜曲」(服部良一)、となりのトトロより「風のとおり道」(久石譲)。マイケル・ジャクソンの「ヒューマン・ネイチャー」(スティーヴ・ポーカロ)では、石若がビブラフォンを担当する。

「題名のない音楽会」はテレビ朝日系列で、9月25日(日)午前9:00〜午前9:30の放送。BS朝日では10月2日(日)午後11:00〜11:30。