少年マガジンをリードするベテラン漫画家:赤松健の「UQ HOLDER!」アニメ化決定! 前作「ネギま!」に続く超能力・魔法・SFバトル漫画! 「ネギま!」の100年後の世界には悠久が広がっていた!

今回、赤松健先生の「UQ HOLDER!」がアニメ化するということで、再販困難とされていた「ラブひな」「AIが止まらない!」も9/23から配信開始! 萌系漫画黎明期を切り開いた赤松健先生の作品だが、ただの萌え漫画を書いていたわけじゃない。緻密に作られたありとあらゆる超常の力をベースに、高品質のバトル漫画を楽しめる! 「ネギま!」の100年後を描いた不老不死の伝説が開幕!

不老不死の吸血鬼と近衛刀太

主人公である近衛刀太は雪姫という親代わりの女性と一緒に暮らしていたが、あることをきっかけに吸血鬼である雪姫の血を貰い受けることで不老不死になってしまう。眷属になった刀太、そして読者に突きつけられた真実、それは雪姫がエヴァンジェリン・A・K・マクダウェルだったということだ。この名前にピンときた方は分かるだろう。この物語は100年を超えて、仲間が寿命で死に絶えた後でも不老不死として生き続ける、「ネギま!」のヒロインの一人が語る物語である。

悠久を所持するもの

タイトルの「UQ HOLDER!」は悠久を持つもの、つまり永遠の命を持つものという意味。雪姫はUQホルダー不死身衆という、あらゆる理由で不死身の体を持つ集団を従えていた。彼らはその力を世界の平和のために奮っていく。だが、「ネギま!」の世界観ゆえ、そこには超能力や亜人、魔法や機械などの戦闘がごちゃ混ぜになっており! 徐々に不老不死としての特性と、超常の力を駆使し、刀太は様々なミッションをこなしていく。