「亜人」×「いぬやしき」特別コラボ 「主人公、死にます」キャンペーン! その片割れとして「いぬやしき」を紹介。読んだことがない人にも伝えたい、「GANTZ」の奥浩哉が描く平凡乖離(かいり)な超人ストーリー!

「亜人」×「いぬやしき」特別コラボ 「主人公、死にます」キャンペーンということで、まだ両作品を読んだことのない人のために、9/23〜10/13のフェア期間に「亜人」と「いぬやしき」の第1巻を合本にした、ファン必見の特別ファイルを無料配信! その前に導入部分として作品を紹介したいと思う!

心優しい、サラリーマン。犬屋敷壱郎

何の変哲もない、かなり老け顔のサラリーマン・犬屋敷。彼は家族とあまり仲が良くないが、それでも人一倍家族のために頑張る男であり、弱いながらも強い正義感があった。だが、犬の散歩をしていたときにもう一人の少年・獅子神皓とともに宇宙船との事故に会い、そこで何らかの手術を受けて蘇る。気がつけば、体はもう人間のものではなく、無数の武装を備えた兵器の体になっていた。

勇気と殺意

犬屋敷の体はありとあらゆるものを破壊する体になっており、時として犬屋敷は人を守るためにその力を使ってしまう。だが、死に瀕する人間を治療する奇跡の力を持っており、破壊と再生、いわば神様のような存在になってしまったのだ。犬屋敷は正義のために力を使おうとするが、同じく兵器の体を持った獅子神は力を持て余し暴虐の限りを尽くす。犬屋敷は止められるのか!?