昨年も大好評だった集英社のデジタルマンガ祭りが「秋マン2016!!」となって今年も帰ってきます! 週替わりで130タイトル以上、なんと計約210巻分もの作品が期間中読み放題!! また、最大4巻無料を含む「週替わり複数巻無料試し読みCP」も同時開催! 連載中の話題作から誰もが知っている人気作、往年の名作まで、幅広く取り揃えました。読書の秋は、集英社のデジタルマンガ祭り「秋マン2016!!」で決まり! 

浅田次郎が描く新選組「壬生義士伝」が漫画に!

「鬼」「人斬り」と畏怖され、新選組最強ともいわれた吉村貫一郎。盛岡藩の脱藩浪士である貫一郎は、守銭奴や出稼ぎ浪人とも揶揄されたが、その漢は愛する人を守るため人を斬り続けたのだった…。 浅田次郎×ながやす巧の最強タッグが描く、義理と愛を貫く新たな新選組!!

鳥羽・伏見の戦いに敗れた幕府軍はまさに総崩れであり、人々に畏怖されていた新選組も多くの戦死者を出し、もはや誰もが死に方を選び始めるのだった。その中でもただ一人、生きることを諦めなかった吉村貫一郎は、しんしんと雪の降る夜、隊から独り離脱し、満身創痍の身を引きずりながら愛する家族が待つ故郷を目指す。

その途中、貫一郎は偶然にもかつての主家である南部藩の大坂蔵屋敷へと辿り着く。再会した唯一無二の親友・大野次郎右衛門へ帰郷を頼み込むも、脱藩した者の帰郷が認められるはずもなく、次郎右衛門は終始突き放した物言いで貫一郎に切腹を命じる。次郎右衛門の非情な態度に失意の底に落とされる貫一郎。だがしかし、手負いの身体ではもはや足掻くことも、そしてその力も既に残ってはいない。ひとり通された奥座敷で貫一郎は…。