コンビニのあるある要素や滑稽さを描き、第155回芥川賞を受賞した「コンビニ人間」。芥川賞受賞の日もコンビニでバイトをしていたという著者の村田沙耶香さんは、作家仲間から“クレイジー沙耶香”と呼ばれているちょっと不思議な作家さんです。村田さんのユニークさは雑誌やTVでも紹介され、「コンビニ人間」はますます売り上げを伸ばしています!

普通じゃない主人公・古倉恵子

本著の主人公・古倉恵子は、36歳の独身女性。就職も結婚もせず、大学時代からコンビニでアルバイト生活を続けています。古倉さん(彼女には「古倉さん」という呼び方が相応しい! )は同じ店舗に18年勤務し、店長やバイトの人たちからの信頼も厚く、コンビニ店員のプロ中のプロといった人物です。ところが古倉さんは子供の頃から「変わった子」で、例えば、子供の頃に男子がケンカを始め、女子が「誰か止めて! 」と叫んだので、近くにあったスコップで男子の頭を殴ってケンカを止めたり、公園で小鳥の亡骸を拾い上げ「今日、これを焼いて食べよう」と言ってみたり…。

本人にしてみれば、止めてと言われたから止めただけ、お父さんが焼き鳥丼が好きだからそう言っただけ、と心底純粋にそう思っているので、まわりがなぜザワつくのかわかりません。

そんな“普通じゃない”古倉さんが、コンビニ店員として働いている時だけは“普通の人”になれるという設定は、ちょっと不気味に感じるかも知れませんが、古倉さんにはまったく悲壮感がなく、かなりユニークな主人公です。コンビニには完全なるマニュアルが存在するので、マニュアル通りに仕事をすればまわりから変人扱いされることもなく、むしろバイトの鏡として評価も受けているのです。コンビニの裏側も驚くほど詳しく書かれていて、著者の村田さんご自身のコンビニでのアルバイト経験が存分に生かされています。

普通を維持するために新たな行動を…

バイト生活も36歳ともなると「まだバイト? 」「結婚は? 子供は? 」とまわりがしつこく聞いてくるようになります。そんな時、30代半ばの長身で針金のように痩せた白羽という男が、新人アルバイトとして恵子の店舗で働くことになり…。白羽のキャラクターも強烈で、常に世の中を呪っていて、言うことだけは偉そうだけど有言不実行のダメ男というキャラクターです。古倉さんは白羽と出会ったことで、“普通の人”らしくいるためにある行動に出ることにするのです…。

古倉さんの考えはやはりぶっ飛んでいているのですが、本人にとっては至極自然で真っ当な理由があってのことです。古倉さんの心理描写もきちんと書かれているので、嘘臭さを感じることなく、時に笑いをこらえつつ古倉さんワールドに引き込まれてしまいます。

“クレイジー沙耶香”が作り出した古倉さんは、ある種のクレイジーではありますが、普通に思われたい心理は誰しも少なからず持っている、と気づかされる斬新な1冊です。