テレビ朝日系「SmaSTATION!!」[毎週土曜 午後11:15−0:09]が、来る2016年10月15日(土)放送の回で丸15年を迎えるにあたり、MCの香取慎吾が番組への思いを語った。

2001年10月13日(土)に放送がスタートした同番組では、香取が英会話習得に挑戦する「ベラベラステーション」、様々な場面でのマナーをクイズ形式で学ぶ「覚えておきたい!マナー手帖」といった、後に書籍化もするほどの人気コーナーを多数生み出してきたほか、系列局の社屋やニューヨーク、ドイツなどの海外からの中継、フジテレビや日本テレビとの同時生中継など、新しいテレビの試みにもチャレンジ。最近も、生活に役立つグッズや行列のできる名店を紹介し、番組で扱われたものが話題になるなど、変わらぬ人気を博している。

丸15年を迎えることについて、MCの香取は「毎週土曜日にスタジオに来て生放送をするっていうのが自分の中でも自然なことになっているので、気付いたら15年経っていたという感じです。24歳でこの番組を始めたわけですが、39歳になった今、それを振り返ると「若いな!」「よくやってたな」と思ってしまいます。よく頑張りましたね、僕(笑)」とコメントしている。

今後も楽しい特集や企画をたくさん生み、視聴者に情報を提供していくという「SmaSTATION!!」。番組の最新情報については、公式サイトを参照されたい。

■香取慎吾 コメント

丸15年…。毎週土曜日にスタジオに来て生放送をするっていうのが自分の中でも自然なことになっているので、気付いたら15年経っていたという感じです。
(番組で)英語をやっていた(『ベラベラステーション』)なぁ、とか『ベラベラブック』や『マナスマブック』といった本を出したなぁ、とか高倉健さんが生放送のスタジオに来てくださったなぁ、とかいろいろなことを懐かしく思い出していました。健さんは、今思い出してもCGだったんじゃないかと思ってしまうほど信じられない出来事でした。
24時間テレビのパーソナリティをやったときには、テレビ朝日のアトリウムに募金箱が設置されたり…。テレビ局間のつながりを感じられるのもこの番組でしたね。
24歳でこの番組を始めたわけですが、39歳になった今、それを振り返ると「若いな!」「よくやってたな」と思ってしまいます。よく頑張りましたね、僕(笑)。

■テレビ朝日 | SmaSTATION!!

http://www.tv-asahi.co.jp/ss/