山田孝之が主演をつとめる、TBS及びMBS「闇金ウシジマくん Season 3」。TBS系で9月20日(火)深夜25時28分(MBS系列は9月18日(日)深夜24時50分)に放送された最終話。さすがのダークヒーロー。期待通り…いや、それ以上の爽快ラスト。

そもそも「闇金ウシジマくん」の魅力って

グロテスクな現実世界の中でどんどん転落していく人たち(奴隷くん)が居て、地獄の天井突き破って、これ以上無い底辺の世界を這いずり回り、それでも最後に「ああ、それが一番いい形だね」と思う姿に落ち着くという、なんとも不思議でシュールな世界観が魅力の本作。
22日に公開された映画「闇金ウシジマくん Part3」、来月10月22日に公開される「闇金ウシジマくんファイナル」に向け、満足と期待感高まるテレビシリーズの最終話だった。

一番大変な、上原家「洗脳問題」はどうなったか…

冒頭5分で父母、姉妹、全員が下着姿で通電拷問を受け、互いに拷問の順番を譲り合うという、真空パックな地獄状態。
上原まゆみ(光宗薫)は、腹の子を守るため、「自分は幼少時、父・重則(名倉右喬)に性的嫌がらせを受けていた」と虚偽の告発をして、電気ショックを免れる。
怖いのは、この部屋を出ても洗脳状態は続き、上原みゆき(今野鮎莉)は身を売りながらも1時間ごとに神堂大道(中村倫也)に連絡を入れる。幸か不幸か、みゆきは紹介所のケツ持ち・柏木(大塩ゴウ)に気に入られてしまう。よせばいいのに、みゆきの家まで訪ねてきてしまう柏木。
タイミングは最高に悪く、地獄拷問タイム真っ最中。新しく家長に任命された婿のカズヤ(板橋駿谷)が、みゆきを焚きつけて重則を殺してしまった直後だった。
この究極の状態で一番壊れていたのは、母・広子(武藤令子)。いとも簡単に柏木の喉笛に包丁を突き立てて殺害してしまう。 …ナニ、コレ。

地獄に平安をもたらすのは、暗黒の魔王

このぐちゃぐちゃ状態にどーん、と登場した、ウシジマくん(山田孝之)。
待ってたよ! すっごく待ってた! こんなにありがたい取り立て屋、見たことない。いよっ。魔王!
いきなり神堂に一発ガツーンと鼻パンチ。あっという間に場を制して、まゆみに問う。「どうしたいんだ?」
その場しのぎを繰り返し、洗脳状態を受け入れてきたまゆみの前に垂らされた、地獄を抜け出す蜘蛛の糸。そう、間に合う。あなたはまだ誰も殺してない。家族はみんな人殺しになってしまったけど。そしてその蜘蛛の糸の先は別の地獄かもしれないけれど。
この後の柄崎(やべきょうすけ)と高田(崎本大海)による神堂への暴行と取り立て(当然の肩代わり&慰謝料)で少しは溜飲が下がり。上原家、勅使河原(三田真央)を含め一網打尽で警察にご用となって一件落着。
本当に…死体を重ねないとこういう事件は表に出ないのだろうか…リアルにあったことだからこそ、やっぱりウシジマくんの言う「自分で考える」というシンプルなことを奪われないことがいかに大事か、つくづく考える。

おめでと、コセちん

ネットパソコン教室が順調に軌道に乗り、ついに生ポ生活を抜け出しそうなコセちんこと、小瀬章(本多力)。
部屋もすっかりきれいになり、ケースワーカーのお兄さんと手を取り合って喜ぶ姿がなんとも微笑ましかった。
ところで、コセちんに迷惑をかけた希々空(小瀬田麻由)は、ライノーローンにも手を出していた様子。
犀原茜(高橋メアリージュン)に身柄を確保され、身売り確定。ドナドナドナー。だけど、彼女にはそこが楽園になるかもしれない。きっといろんな人が必要としてくれるよ。
それにしても、なかなか紹介する機会がなかったが、犀原の舎弟(?)、村井(マキタスポーツ)は毎回人間臭くて、くすっと笑えるオアシス的存在。カウカウにおける柄崎。
映画でも楽しみだ。

テレビシリーズ最後の隠れテーマは「母」だったのか?

そして、もうどうにも救いがないところで終わると思っていた、結城母娘。
母・恵美子(倖田李梨)の「ねえ、また一緒に稼ごうよお」と言う、美奈に母娘セット売りをねだる猫なで声は、見ているこちらもトラウマになるほど耳に残っている。
弁当屋で働く美奈(佐々木心音)と、「残飯漁り」という、最悪の姿で再会する恵美子。
食わせるもんか、と廃棄弁当に水をかけて捨てる美奈だが、ふらふらと立ち去る母を追いかけ、温かい弁当を差し出す。

ここからの橋の上のシーンが、なんとも美して悲しくて、山口監督ー! と叫びたくなった。
恵美子が立ったまま弁当を開けながら「ねえ、また一緒に…」と言いかけた瞬間、ぱっと逃げていく美奈。
くずおれながらも、おかずを頬張り、「住めるかな…美奈」と慟哭する恵美子の姿に涙腺決壊。
今までの「一緒に稼ごうよう」が完全なる伏線になった瞬間だった。
後悔、後悔。それしかない母だが、きっと時間を巻き戻してもまた同じことをする。そして、一緒に住んだらまた地獄が始まる。それがわかる、リアルな毒母像を演じた倖田李梨に拍手喝采。

上原家における母・広子の脆弱さ、そしてコセちんを病ませてしまったママゴン。今回のシリーズを陰で貫いた「母」というテーマ。まゆみもまた、4年後出所した時、大きく育ったであろう我が子を想って泣いた。
まゆみは産んだのだろうか…そこはわからないままだ。
さあ、いよいよ映画版に突入! 過去作もおさらいして、ぜひ劇場へ。

TV「闇金ウシジマくん Season 3」公式サイト(http://ymkn-ushijima-movie.com/dorama/)