「仕事が楽しければ人生も愉しい」をテーマに一流の仕事人を応援する男性ライフスタイル誌『GOETHE(月刊ゲーテ)11月号』が、9月24日(土)幻冬舎から発売された。

●異端児・伊勢谷の“原点”

今月号の表紙を飾るのは、黒のグッチの最新ジャケットに身を包んだ伊勢谷友介。俳優として数々の作品に出演する実力派ながら、監督としても才能を発揮して2作品を発表し、経営者としての顔を持つ、異端な伊勢谷の“原点”に迫る記事が掲載されている。

●極端にストイック/B級グルメ好き? 錦織圭の意外な素顔

さらに、リオ五輪で銅メダルを獲得し、全米でベスト4入りを果たした絶好調プロテニスプレイヤー・錦織圭が登場し、「世界ランキング一位になっても完璧とはならない」と、極端なまでのストイックさをうかがわせた。一方で、オフのときに食べるものがB級グルメという意外な一面も見せている。

●異端な大物経営者対談

そして、カルビー会長・松本晃とネスレ日本・高岡浩三社長という、メディア初(!?)の大物経営者対談が実現。増収増益を更新し続ける大企業のトップとして名高いが、じつは
とても仲の良い異端な両氏の「趣味は仕事」と言い切る仕事観、師弟愛について語られている。

●この秋使える、ゲーテ読者必須の“異端な”モノ特集

異端といえるスーツや、ショーン・ペンやマーク・ザッカーバーグといった異端児たちの愛用品、オーバーすぎる移植のコートなど、パンチの効いた品々が紹介されている。

■『GOETHE(月刊ゲーテ)11月号』

発売日:9月24日(土)
価格:800円(税込)
発行:株式会社幻冬舎

公式サイト「ウェブゲーテ」:http://goethe.nikkei.co.jp/