東京・六本木のライブハウスEXシアター六本木で、元BOOWY・高橋まこと率いるJET SET BOYSによる“JET SET BOYS LIVE TOUR 2016 「JET SET BOYS」” のファイナル公演が行われた。

6月1日に1stアルバム『 JET SET BOYS』リリースした“新人バンド”の彼ら。と言っても驚くことなかれ。4人のメンバーは、それぞれのキャリアを携えた大物ミュージシャン達である。

開演時間になり照明が落ちると、レトロなサーフロック風インスト曲 『HI! VOIR 』 が流れメンバーが次々と登場。高橋まこと(Dr./ex:BOOWY)椎名慶治(Vo./ex:SURFACE)、友森昭一(G./ex:AUTO-MOD、REBECCA)、tatsu(B./LA-PPISCH)という奇跡のメンツが揃った。会場に集まった幅広い年齢層に及ぶファンの声援を受けながら、1曲目 「ZIPPER DOWN」からライヴはスタート。アルバム同様に「LAVIATHAN」へとつながる。高橋の気合い充分のドラム、そのビートに絡まるtatsuのベース、友森のギターによってサウンドは厚みを増し、そこにヴォーカル・椎名の艶のある歌声が混ざり合う。

ストレートなロックチューンでは、JET SET BOYSならではのビートを堂々と見せつけた彼らだが、もちろんロックテイストの楽曲ばかりではなく、続く「ROOM 504」、「STRAYED」では一転、椎名色が色濃くでたソウル・テイストに溢れた楽曲で観客を魅了。続けて披露されたのは新曲「IT’S CALLED LOVE」。“たとえ忘れてしまったとしても未来で君のことを見つけ出す、君が笑ってくれたら他に何もいらない”と究極の愛を歌うミディアムナンバーだ。MCでは「さっきの新曲どうする?」という椎名の問いに、高橋が「早めに出したいと思います!」と答え、場内を沸かせた。

ライブは中盤に突入し、ここで椎名のソロ曲 「コンティニュー? 」 へ。この曲のレコーディングがキッカケとなり、高橋との縁が深くなったという、バンドにとっても大きな意味を持つ曲だ。続く新曲 「WHO AM I? 」では、椎名が観客を左右ブロックに分け、サビのコーラスを指導。観客は初聞きにも関わらず、バンドは会場全体を巻き込んで一体感を作っていく。場内が盛り上がってきたところで「BAD COMPANY」「PASTA」と高橋の黄金の8ビートが炸裂、オーディエンスは縦のりで応える。ラスト曲はバンドのテーマソングでもある「THE THEME OF JET SET BOYS」。ハイテンションのまま本編を締めくくった。

アンコールでは「HI! VOIR」「ZIPPER DOWNを再び演奏。面白いほどに雰囲気の違う曲に仕上げている。ここで椎名が「本当にいろいろあって。JET SET BOYS、最初は口約束から始まったバンドが、こうしてCDを出して、ツアーまでやって。本当に忘れられないライヴになりました。まだまだJET SET BOYSはレコーディングもすでにやってますし。またみんなが見たい、聴きたいと思えるようなものを作っていきたいと思います」と語り次のアクションを予感させると、ラストナンバー「SAYONARA」へ。最後に高橋が 「まだ続きます。JET SET BOYSをよろしくお願いします!」とファンに宣言して、ツアーファイナルは幕を閉じた。

この“JET SET BOYS LIVE TOUR 2016 「JET SET BOYS」”ファイナル公演の模様は、CSテレ朝チャンネル1 で、10月1日(土)よる11時よりオンエアされる。

「EXシアターTV Live」Vol.50 “JET SET BOYS LIVE TOUR 2016 「JET SET BOYS」”

■出 演: JET SET BOYS
■放送日時 10月1日(土)よる11時〜深夜12時(初回)
10月8日(土)よる11時〜深夜12時(リピート)
■番組公式HP:http://www.tv-asahi.

※放送日時は変更になる場合あり
※放送内容は当日のセットリストとは異なる