圧倒的な強さで2016年度リーグ優勝を決めた広島東洋カープを徹底分析する書籍『広島カープの血脈』が、9月21日に刊行された。

選手・監督として6度の優勝経験を誇る「ミスター赤ヘル」こと山本浩二。そして、選手として活躍した後に監督に就任し、長年Bクラスに低迷していたチームをAクラスに押し上げ、本年度の快進撃の礎を築いた前監督、野村謙二郎。カープ・ファンならずとも、誰もが認める2人のレジェンドが、豊富な経験と鋭い目線で、強さの秘密を語りつくした。

山本浩二が「この広島カープの文化は、これから先もずっと変わらず継承していってほしいと思う」と願い、野村謙二郎が「カープには昔から選手を育てる伝統やノウハウが多くあり、それが今。花開いている」と認めるように、カープには脈々と受け継がれた独自の気風がある。25年ぶりの快進撃は、一朝一夕になしえたものではないのだ。

本書で語られているのは、伝統だけではない。25年前の優勝チームと今シーズンの相違点は何なのか? 2016年優勝チームの黒田博樹選手、新井貴浩選手、菊池涼介選手、丸佳浩選手、鈴木誠也選手、野村祐輔選手といった主力選手の実力をはじめ、緒方監督の采配までが細かく分析されている。

広島カープの“伝統”と“今”の全てがわかる一冊なので、クライマックス・シリーズや日本シリーズの前に読んでおくと、観戦がさらに楽しくなりそうだ。

■著者プロフィール

山本浩二(やまもと・こうじ)
1946年、広島県広島市生まれ。1968年ドラフト1位で広島東洋カープに入団。1975年には4番打者として初のリーグ優勝に大きく貢献した。以後もチームの主砲として活躍し、プロ野球生活18年で本塁打王4回、打点王3回など数々のタイトルに輝いた。引退後、背番号「8」は広島東洋カープの永久欠番となっている。1989年〜1993年と2001年〜2005年の二度、カープの監督を務め、1991年には監督としてもチームを優勝に導いた。2013年の第3回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)では日本代表監督を務める。 現在は野球解説者として活躍する傍ら、2014年に日本プロ野球名球会理事長に就任し、東日本大震災被災者との交流やアジアにおける野球振興活動に尽力している。

野村謙二郎(のむら・けんじろう)
1966年、大分県佐伯市生まれ。1988年ドラフト1位で広島東洋カープに入団。1991年には全試合出場を果たし、2年連続の盗塁王と最多安打を獲得しベストナインに選ばれるなど、チームのリーグ優勝の大きな原動力となった。1995年、史上6人目となるトリプルスリー(打率.315、32本塁打、30盗塁)を記録。2005年に通算2000本安打達成。同年限りで現役引退を表明。2010年〜2014年の5年間カープの監督を務め、2013年には16年振りのAクラス入りを達成し、球団初のクライマックスシリーズ進出を果たした。2014年もシーズン終盤まで優勝争いを繰り広げ、2年連続のAクラス入り。2016年8月にアメリカ大リーグ、 カンザスシティ・ロイヤルズの編成部門アドバイザーに就任。

■書籍『広島カープの血脈』概要

著者:山本浩二 野村謙二郎
発売:2016年9月21日
定価:本体1300円+税
頁数:264ページ