読売テレビで9月27日(火)深夜1:09(日本テレビで10月16日(日) 深夜3:00)から放送の『にけつッ!!』は、千原ジュニアとケンドーコバヤシが、人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」などについて語る。

連載40年の人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が9月17日に連載が終了し、最後のコミックス200巻が発売されことについて、ケンコバは「195巻くらいから、おかしい思っていたんですよ。単行本がメッチャ分厚かったんですよ。何かまとめに入っているのかなって…」と違和感があった事を明かす。この後もケンコバは「永遠なんてないんですね。当たり前にあるものでしたから。僕的には今年一番衝撃がデカかったですね」と“こち亀”が終わる寂しさを語る。この番組が収録されたのはコミックス200巻が発売される前だが、ケンコバは“こち亀”愛をたっぷり語り、どんな最終回になるか楽しみにしている事をアピールする。

この流れから当たり前のものがなくなる事の寂しさについてトークは進む。ケンコバは「サラダバーがなくなったら最悪ですよね。毎日使っていないけど、結構キツイでしょ?」と訴え、ジュニアは「ないって言われたら寂しいね」と同調する。また、ジュニアは「俺は単品で頼んだ事ないけど、無くなったら要所要所で結構ヘコむなっていうのが紅ショウガ」と語り、ケンコバも「わかる」と相槌を打つ。ジュニアは「チャーハンとかにものっけるし、たこ焼き、お好み焼きにも入らへん」と困る事をアピール。

その後、ジュニアは「毎度毎度、いろんなマネージャーさんが来るね。せいじは『あれ、世代やで〜』って言うんやけど…」と新しいマネージャーについて語り始める。そのマネージャーは首を縦に振ったり、横に振ったりして意思表示するらしく、ジュニアは「声を出さへんわけ。『スケジュールあのまま変わってない?』『……』(頷くジェスチャー)。声出せや!」とツッコミを入れる。
収録が行われている東京・渋谷のヨシモト∞ホールにも同じようなスタッフがいるらしく、ジュニアは「タケトが言うてたけど、出番が終わって『お疲れ様』言ったら皆は『お疲れ様でした〜』って…。言うてる中で、26、27歳くらいのマネージャーらしき奴が『……』(頷くジェスチャー)。高級ブティック店か!」とイジる。

この後もジュニアは新しいマネージャーのオモシロエピソードをたっぷりと語るが、面と向かって注意する事ができないジュニアに対し、ケンコバは「僕は言うようにしているんですよ。この間、初めてですかね…。社員を呼び出してブチ切れた」と告白。ケンコバが仲の良い社員にブチ切れた理由には、観客から大爆笑が。果たして、ケンコバが社員に怒った理由とは…。
他にも、ジュニアが飲食店や映画館で出会ったちょっと迷惑な人たちの爆笑エピソードを披露する。

出演は、千原ジュニア、ケンドーコバヤシ。

この『にけつッ!!』は読売テレビで9月27日(火)深夜1:09〜1:39、(日本テレビで10月16日(日)深夜 3:00〜3:30)に放送される。