女の子みたいにキュートな瞳とツヤツヤの肌、ぷるぷるの唇と、かわいいイケメンぶりで人気急上昇の志尊淳。ドラマ『5→9〜私に恋したお坊さん〜』では主演の山下智久の弟役でも話題となりました。また2016年7月期のドラマ『そして、誰もいなくなった』にも出演、映画『先輩と彼女』では主演を務めるなど活躍の場を広げている、今注目の若手俳優です。今回はそんな志尊淳の魅力に迫ります!

『烈車戦隊トッキュウジャー』でブレイク! かわいいルックスと笑顔に胸キュン!

志尊淳は1995年3月5日生まれ。そのルックスはデビュー前から際立つものがあり、よく街でスカウトされることが多かったそうです。読者モデルをしたこともあり、あわせて芸能界に興味をもつきっかけになったとか。2011年、16才のときに舞台『ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン』で俳優デビューを果たします。イケメン揃いの人気コミックの実写舞台で、向日岳人役を好演しました。
ブレイクのきっかけとなったのは2014年の『烈車戦隊トッキュウジャー』。主役のライト(トッキュウ1号)を務めました。無邪気で無鉄砲、食欲旺盛でポジティブな性格を熱演、そのかわいいルックスと笑顔で子どもだけでなく、一緒に番組を見ているママたちからも熱烈な支持を受けました。

ドラマ『表参道高校合唱部!』に出演、演技とともに歌声も好評価

2015年7月期のTBSドラマ『表参道高校合唱部!』。廃部寸前の合唱部を転校生が立て直す青春ドラマです。『烈車戦隊トッキュウジャー』で一気に知名度を上げた志尊淳は、主人公の転校生・香川真琴に協力する夏目快人役で出演しています。生まれつき病弱で心臓病というハンデを抱えながらも、誰にでも明るく、優しく振る舞う好人物を熱演。若手注目株が揃うキャスティングで話題となったドラマの中でも、ひときわ目立つ演技で好評価を得ました。ミュージカルの舞台を経験していたこともあり、その歌声にも注目が集まりました。

映画『先輩と彼女』の主演で次世代スターとしての注目度アップ!

2015年公開の映画『先輩と彼女』。累計100万部を越える同名少女漫画の実写映画化で、志尊淳は美野原圭吾役で主演しました。この抜擢は、作者の南波あつこが『烈車戦隊トッキュウジャー』での志尊淳の演技を気に入ったことでようやく実現したという逸話も。ヒロインは『表参道高校合唱部!』でも共演することになる芳根京子をキャスティング。フレッシュな2人の演技が話題となりました。「壁ドン」はもちろん、「窓ドン」や「顎クイッ」など胸キュンシーンも連発、甘くて切ない恋を描いたこの映画で、芳根京子とともに次世代スターとしての注目度を一気にアップさせました。

月9ドラマ『『5時→9時』では山Pの弟役に!後半のストーリーを引っ張る重要な役どころ

2015年10月期のフジテレビ月9ドラマ『5→9〜私に恋したお坊さん〜』では、山下智久演じる主人公・星川高嶺の弟役、星川天音にキャスティング。後半のストーリーを引っ張る重要な役どころを好演しました。今まで演じることが多かった爽やか系イケメンではなく、兄に対して複雑な心情を持つ、裏表のある役でしたが見事に演じきっています。もちろんその甘いルックスは顕在。僧侶姿にときめいた女性も多かったのではないでしょうか。

話題作に続々出演『そして誰もいなくなった』『きみはペット』

先日激動の最終回を迎えた日本テレビ系ドラマ『そして誰もいなくなった』。藤原竜也が主演するサスペンスドラマで、志尊淳は主人公の後輩役で出演していました。会社の同じ課で主人公のアシスタントを勤めていますが、プライドが高く嫉妬する面も見せるなど、明るい笑顔とは裏腹に油断ならない人物として登場。物語の重要なキーマンを務めました。
また、フジテレビでドラマ化が決定した『きみはペット』では主演を務めることがすでに発表されています。年上の彼女を翻弄する年下の美青年役を志尊淳がどう演じるのか、今から楽しみですね。

注目度ナンバーワンの若手イケメン俳優、志尊淳の魅力と活躍について迫ってみました。今後も話題作や注目作に出演が決定している彼から目が離せません!