スクールアイドルグループμ's(ミューズ)が主人公の人気テレビアニメ『ラブライブ!』に対して、2016年7月から放送されている『ラブライブ!サンシャイン!!』はAqours(アクア)が主人公。オープニングテーマの「青空Jumping Heart」に続いて、挿入歌第1弾「決めたよHand in Hand」が8月3日に配信、第2弾「夢で夜空を照らしたい/未熟DREAMER」も9月14日に配信開始しました。

挿入歌「決めたよHand in Hand」ってどんな曲?

「決めたよHand in Hand」はアニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』第1話の挿入歌です。高海千歌、桜内梨子、渡辺曜というAqoursの2年生3人による楽曲で、それぞれ声優は伊波杏樹、逢田梨香子、斉藤朱夏が務めています。

最初は千歌がセンターですが、くるくるとセンターが変わります。それにともないソロパートが多い点も聴きどころ。千歌がμ'sのファンだからなのか、μ'sを彷彿とさせる振付も見受けられます。イントロのクラップは実際のライブで全員参加になること必至でしょう。

注目は梨子のやる気のなさ。いや、ただ緊張しているだけかもしれませんね。たまにワンテンポ遅れるところがかわいいと評判になっています。

「決めたよHand in Hand」は両A面シングル

8月3日にリリースされた「決めたよHand in Hand」は「ダイスキだったらダイジョウブ!」との両A面シングルです。「ダイスキだったらダイジョウブ!」は『ラブライブ!サンシャイン!!』第3話の挿入歌。体育館でのAqoursファーストライブで雷によって停電に見舞われるというアクシデントが発生したときの楽曲です。
『ラブライブ!』のμ'sは東京の秋葉原あたりにあるとされる音ノ木坂学院が舞台でした。一方『ラブライブ!サンシャイン!!』のAqoursのメンバーたちは静岡県沼津市にあるとされる浦の星女学院に通っています。グループ名もふくめて海辺の町ならではの輝きがつまった楽曲に仕上がっています。

ところでAqoursのメンバーは何人いるの?

今回リリースされる挿入歌「決めたよHand in Hand」の歌手はAqoursのメンバーのうち2年生の3人ですが、Aqours全体ではメンバーは何人いるのでしょうか? 答えは9人です。1年生3人、2年生3人、3年生3人という編成になっています。
2年生3人のうち高海千歌はスクールアイドルμ'sに憧れてAqoursを結成した張本人。実家は旅館、3姉妹の末っ子らしい明るい性格で負けず嫌いです。桜内梨子は秋葉原あたりの音ノ木坂学院からの転校生。大人っぽく地味なインドア派でピアノやビオラなどの楽器が得意です。渡辺曜は体育会系で高飛び込みの選手。父親の跡を継いでフェリーの船長になるのが夢です。

Aqoursの3年生や1年生は?

3年生は名家の令嬢で生徒会長の黒澤ダイヤ、ダイヴィングショップ経営の祖父と2人暮らしの松浦果南、ホテルチェーン経営のアメリカ人を父にもつハーフのお嬢さま小原鞠莉。1年生は黒澤ダイヤの妹で男性恐怖症の黒澤ルビィ、お寺の娘で聖歌隊に所属し静岡弁を話す国木田花丸、沼津の都会出身で運が悪い中二病キャラの津島善子という3人です。

このように地域性が色濃く反映されたキャラクター設定となっており、それぞれ誰を推しメンとして支持するか、人気ランキングにも注目が集まっています。

さて「決めたよHand in Hand」の高海千歌、桜内梨子、渡辺曜のなかにあなたの推しメンは入っているでしょうか? 実は他のメンバーに萌えている人もともあれAqoursが好き、『ラブライブ!サンシャイン!!』が好きという気持ちに変わりはないはず。『ラブライブ!』でμ'sを応援した人も、海辺の太陽みたいな輝きがつまった『ラブライブ! サンシャイン!!』Aqoursの魅力にハマっていることでしょう。ぜひみんなで「決めたよHand in Hand」のイントロで手を叩いて、盛り上がっていきましょう!