疾走感のある演奏と、ユニークな楽曲の世界観でファンを魅了するバンド・キュウソネコカミ。10月に新曲発売を控えた彼らの最新シングル「サギグラファー」の魅力に迫ります。

かっこいいジャケ写が話題に!

キュウソネコカミの最新シングル「サギグラファー」。2016年8月3日のリリース前からファンの間で噂になっていました。話題の中心は、そのジャケ写。以前から彼らのことを知っているなら、誰もがその目を疑ったことでしょう。なんと、彼ら全員がものすごくイケメンになっているのです。一目で大胆な修正が行われたと分かるこの写真。しかし、これには単なる話題作りという意味を超えて、作品自体のコンセプトが大きくかかわっています。曲タイトル「サギグラファー」からも分かるように、修正写真そのものをテーマにしているのです。

キュウソネコカミってどんなバンド?

「サギグラファー」の解説に入る前に、キュウソネコカミのアーティスト像をおさらいします。
バンドが結成されたのは2009年12月のこと。大学で同じ軽音楽部に所属していた部員達の中で、音楽活動を続けることと就職活動を諦めることを同時に選んだ者たちが集まり、キュウソネコカミは誕生しました。地道なライブ活動で徐々にファンを獲得していき、2012年3月に全国流通盤『10代で出したかった』をリリース。その後、立て続けにアルバムを発表し、2013年10月に発表した『ウィーアーインディーズバンド!!』では、CDショップ大賞においてニューブラッド賞を受賞します。同アルバムはオリコンインディーズチャートでも2位を獲得し、キュウソネコカミは一気に人気バンドへと成長しました。そして、2014年6月に満を持してメジャーデビューを果たします。

コンセプチュアルな曲はクールかつユーモラス

キュウソネコカミがここまで人気を得るようになったのは、楽曲自体のクオリティーの高さに加え、その世界観のユニークさに理由があります。ヴォーカルのヤマサキセイヤがやりたいことや腹を立てていることを題材にして曲作りをするケースが多く、それぞれの曲がコンセプチュアルな仕上がりになっているのです。前述したインディーズ時代の傑作『ウィーアーインディーズバンド!!』は、タイトル通りインディーズミュージシャンであるが故の気概をそのまま楽曲にぶつけた冒険心溢れる一枚。メジャーデビューシングルである「MEGA SHAKE IT!」は、明らかに某CMで有名な商品を意識した楽曲で、「日常感じるストレスや社会のしがらみをシャキッと吹き飛ばそうぜ」と歌っています。

「俺の顔を修正してくれ!」そのテーマに隠された想いとは?

ニューシングル「サギグラファー」では、彼らの世界観がこれまで以上に如実に表現されています。今回のテーマに至る背景は、巷に溢れるプリクラやアプリでの写真加工などによる詐欺写真。彼らの良いところは、それらを決して一刀両断しているわけでは無いことです。批判するどころか「俺の顔も修正してくれ!」と自分たちもその風潮を迎合するスタンスを見せます。その結果が、話題を呼んだジャケットのイケメン写真なのです。しかし、ただ単に話題作りで終わらないところも彼らの魅力。ストーリー仕立てのミュージックビデオでは彼らの真の主張が表現されており、それは曲の終盤にある一行の歌詞からも読み取ることができます。ぜひ、一度フルバージョンでこの曲を聴いてみてください。

ふざけてそうでいて、その一方で切実なメッセージを主張するロックバンド・キュウソネコカミ。「サギグラファー」に込められた彼らの真の想いが胸に届いたとき、あなたはきっと彼らのことを忘れられなくなるでしょう。
10月26日にはニューシングル「わかってんだよ」を発売予定。気になる方はチェックをお忘れなく。