お笑い芸人・ウーマンラッシュアワーの村本大輔がMCを務めるインターネットテレビ局(AbemaTV)の「AbemaNewsチャンネル」内番組『AbemaPrime(アベマプライム)』が、9月26日(月)夜9時〜夜11時にわたり生放送された。

番組には、月曜日のMCを務めるウーマンラッシュアワーの村本大輔、コメンテーターには元NHKアナウンサーで8bitNews主宰の堀潤、博報堂ブランドデザイン若者研究所の原田曜平、歌手でモデルのIris(アイリス)がスタジオに登場した。さらに、ゲストとしてセクシー女優の紗倉まな、タレントの入矢麻衣をスタジオに迎え、番組がスタートした。

●アメリカ大統領選のテレビ討論会はエンターテインメント!?

最初のニュースは、番組放送翌朝である今朝に行われたアメリカ大統領選テレビ討論会について取り上げた。現状の支持率は五分五分である民主党のクリントン氏と共和党のトランプ氏が約1時間半にわたって初めて直接討論する様子を生中継するもので、ここでの印象が選挙結果を左右するほど、アメリカではテレビ討論会は重要な役割を担っているという。

堀は「大統領選を楽しもうという空気が広がるんです。両陣営が戦いあうような盛り上がりになり、メディアはどちらが勝ったかをいち早く放送することを競います」と、アメリカでの盛り上がりの様子を説明した。また、このコーナーのゲストとして出演した上智大学の前嶋和弘教授は、「政治のお祭り、一種の格闘技ですね。政治というよりエンターテインメントの要素がすごく強いです。生放送なので何が起こるかハラハラしながら見る人が多いのでは」と見解を述べた。

ここでニューヨーク在住のジャーナリスト・中村英雄氏との中継をつないで討論会前の現地の様子を聞くと、「『ニューヨーク・タイムズ(The New York Times)紙』はクリントン氏支持を表明して日本で話題になっているが、元々ニューヨークは民主党支持が多いのでそれも理由になっているのでは」と、その土地に根付いたメディアとして主張していると伝えた。また、「個人的に同じテレビ人としてトランプ氏は注目していた。ある意味白人男性を代表している存在で、なんとなく頼りになる“親父”のような存在。一方、クリントン氏は弁護士として実績もあるが失敗も多かったので、大丈夫かなと世間に思われてしまうところがある」と両候補者の印象を語った。

スタジオでは、両候補者が与える日本への影響について村本から疑問を投げかけられると、前嶋氏は「クリントン氏は現状維持、トランプ氏は読みづらいが何かしらの混乱をもたらすのでは」と答えました。紗倉が「日本では考えられないくらいパフォーマンスが特徴的で、みんなでお酒を飲みながら楽しく見れそう!」と、テレビ討論会に興味を示すと、堀は「(アメリカでは)スポーツバーで中継を見ながら飲むっていうこともあるんですよ」と話し、それを聞いた村本は「日本の選挙でもこういう風にできたらいい。もっとざっくばらんに賛否両論ある言葉で語りかけてほしい。ネットの“言葉狩り”なんて気にしないで好きなことを言ってほしい」と意見した。また、原田は「日本のメディアは潔癖なほど中立が求められるけれど、アメリカでは誰を支持するか著名人やメディアも立場表明をするのが最も日本と違うところ」と日本とアメリカのメディアの在り方についても言及した。

※なお、このアメリカ大統領選のテレビ討論会の様子は、今朝10時から「AbemaTV」の「AbemaNewsチャンネル」で同時通訳付きで生中継された。

●鳩山由紀夫元総理×ウーマン村本×堀潤の酔いどれ対談!弟・邦夫氏への想いからAIIBの裏側まで

村本と堀がお酒を飲みながら話題のニュースを語る『居酒屋むらじゅん 酔いどれニュース道場』のコーナーでは、先週に引き続き特別ゲストとして鳩山由紀夫元総理大臣が登場した。鳩山氏は、6月に急逝した弟の鳩山邦夫元総務大臣について、「突然死んでしまって。病気ということも知らなかったんです。もっと政治談議をしたかった」とやるせない思いを語った。

沖縄の普天間基地移設問題について、鳩山氏は「辺野古に決定したのは実は日本側だ」と説明。この問題で「時の総理に決定権はなく役人がコントロールする状態だった」と明かすと、視聴者からは「そうだったんだ」「何が真実かわからない」と驚きのコメントが届いた。また、AIIB(アジアインフラ投資銀行)の助言役に就任した鳩山氏は「“あなたになってもらいたい”と声をかけられて前向きな答えを出した。元総理大臣が就任することを政府は批判していたが、どうやら他の人を入れようとしていたようで、だから私を批判していただけ」とここでも驚きの発言があった。村本が今一番気になっているという、核実験やミサイル発射を続ける北朝鮮への今後の対応を尋ねると、鳩山氏は「もっと強硬に厳しい制裁をしていくべきという人もいる。しかし基本的に米朝の問題だから、米朝会談を実現するために日本が汗をかくべきだと思う」と自身の考えを述べた。

●メディアからの情報の受け取り方について言及「いろんな角度から見ることが必要」

鳩山氏との対談を終えた村本は、「いろんな項目を鳩山さんの目線で聞けて改めて勉強になった。鳩山さんの言った言葉なのかそうではないのかわからないまま世間の人はいろんなフィルターを通して受け取っているから、鳩山さんの意図とは違う伝わり方もしている。メディアで見るのは切り取られたほんの一部だけ。情報が多い分、僕らはしっかりと見る目を持たないといけない」とメディアとの向き合い方についても言及した。

堀は、「今回は鳩山さんの話を聞いたけれど、逆の立場の方の話も聞いて、真相はどうなのか考えたい。トランプ氏とクリントン氏の話題とも共通しますが、政治の舞台裏や駆け引きが見えるとおもしろいですよね。それぞれ違う正義をもつ立場で国をよくしたいと思っているので、その辺の事実が明らかになるとおもしろいだろうなと思います」と、今後の展開に期待を寄せた。また、信頼できる情報をどう見極めるべきかという視聴者からの質問に対して、堀は「記事やデータのクレジット(出典)が大事で、ひとつの情報だけを信じるのではなく、いろんな角度から見ることが必要」と、誰が発信した内容かをきちんと理解したうえで多方向から情報を受け取って自分で考える大切さを訴えた。

■「AbemaPrime(アベマプライム)」番組概要

放送日時:毎週月〜金曜 夜9時〜夜11時(生放送)

放送チャンネル:AbemaNews https://abema.tv/now-on-air/abema-news
番組公式サイト:http://news-prime.abema.tv/
番組公式Twitter :https://twitter.com/Abema_Prime
番組公式Facebook:https://www.facebook.com/AbemaPrime