日本テレビ系「新・木曜ドラマ」枠にて9月29日(木)よる11:59から放送が開始される「黒い十人の女」。主演は2時間ドラマの帝王こと船越英一郎。脚本を担当するのはお笑い芸人ながらもマルチな才能を発揮しているバカリズム。異色の顔合わせで、最上のブラック・コメディーが誕生した。10股不倫!をしているダメ人間、主人公・風 松吉(船越英一郎)の愛人役を豪華女優陣が競演。現代の“不倫”問題に一石を投じるべく、男と女の壮絶バトルが繰り広げられる。

今年は芸能界でさまざまな“不倫”騒動が世情をにぎわせていた。その上手を行くのが「黒い十人の女」。なにしろ主人公は10股不倫。現在なら袋叩きにあってもおかしくない状況でこのドラマは進行する。
ベースになっているのは、1961年に公開された日本映画「黒い十人の女」(大映配給)で、監督は市川崑。監督の奥さんである和田夏十のオリジナル脚本である。当時も話題になった映画だが、この“不倫”を、竹野内豊主演「素敵な選TAXI」などで脚本家としても脚光を浴びたバカリズムがどう裁くか、見ものである。

「第1話ストーリー」女同士の壮絶バトル勃発!

取り立ててイケメンでもなく、金や地位があるわけでもないテレビ局プロデューサー・風松吉(船越英一郎)が本作品の主人公である。
その風松吉と現在進行形で不倫している神田久未(成海璃子)は、ある日見知らぬ番号からの着信を受け、呼び出される。久未は松吉の9人目の愛人でテレビ局の受付嬢。いまは一番松吉のお気に入りらしい。
そして呼び出された場所に現れたのは、なんと舞台女優・如野佳代(水野美紀)である。ふだんからテレビ局では受付嬢の久未の前を、艶然とほほ笑みながら通り過ぎるあこがれの女優である。そのあこがれの女優・如野佳代から意外な事実を打ち明けられる。久未としては衝撃の事実。風松吉と如野佳代は愛人関係にあるというのだ。

ところが、その意外な告白に驚く暇もなく、局内に偶然居合わせた松吉の部下であるドラマAPの弥上美羽(佐藤仁美)と佳代が、久未の目の前で壮絶なバトルを繰り広げたのだ。どうやら美羽も松吉の愛人らしい。
「えっ、エッ、ええぇえ…!」驚く久未。
毎日、テレビ局内に訪れてくるお客さまに、「第9スタジオは突き当たりのエレベーターで…」と案内するだけの業務に、今回はふだん親しげな会話をすることもない二人が、「なによ!雌豚」「悔しい?ッ」てな言葉が加わって、どう対処していいか分からない。
しかも話の内容から、どうも当事者の風松吉は、新ドラマにキャスティングする若手女優・相葉志乃(トリンドル玲奈)にも粉をかけているらしい…。

今年最大のキーワード“不倫”をテーマにして、男と女の愛の形、騙し合い、憎しみが幾重にも折り重なり、泥沼の恋愛模様が描かれていく。(全10回)

「主人公を取りまく豪華女優陣の演技競演」

映画版「黒い十人の女」では主人公・風松吉を、船越英一郎の実父である俳優・船越英二が演じている。大映といえば市川雷蔵、勝新太郎の二枚看板がスターとして君臨していたが、船越英二は小市民的で善良な人を演じればピッタリコンのハマリ役で、「黒い十人の女」のような女に弱い、情けない役は珍しいが、この役で評価が高まったのも事実だ。
それだけに、今回「黒い十人の女」のリメイク作品が制作されることが決まった時、息子の船越英一郎はぜひとも風松吉を演じたいと名乗りを上げたそうである。
現実的に“不倫”は許されるものではないが、ドラマの中では別物。男と女の愛憎劇は深ければ深いほど面白い。父親とタイプの違う船越英一郎が、現代版・風松吉をどう演じるか楽しみだ。

そして、その松吉を我が物にしようとする愛人たちが、成海璃子、水野美紀、佐藤仁美、トリンドル玲奈、佐野ひなこ、MEGUMIらの女優陣。松吉の妻やほかの愛人たちも回を追って出演する。
ここだけの話だが、この愛人たちが10股不倫のダメ男・風松吉を、全員協力して殺そうと考えるのだが…。どういう展開になるかは見てのお楽しみ。

第1話放送は、9月29日(木)よる11:59よりスタート!

女同士の壮絶バトルが勃発! その理由とは…、男と女の愛憎劇・現代版「黒い十人の女」第1話は、9月29日(木)よる11:59より日本テレビ系にて放送。

船越英一郎主演「黒い十人の女」 公式サイト(http://www.ytv.co.jp/kuro10/)