松下奈緒が主演を務めるドラマ特別企画「往復書簡〜十五年後の補習」が、9月30日(金)よる8時57分からTBS系にて放送されます。原作は湊かなえの「往復書簡」に所収の「十五年後の補習」。手紙のやり取りだけでストーリーが進んでいく原作に、オリジナルストーリーが加わり、ドラマ化ならではの目が離せないストーリー展開に期待度が膨らみます!

NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」では良妻賢母を演じ、CMでも明るいキャラクターの松下奈緒が、このドラマでは中学生の頃に起きたある事件のショックで、事件前後の記憶を失ってしまった主人公・岡野万里子を演じます。万里子の恋人・永田純一役を実力派俳優・市原隼人が演じ、ドラマオリジナルキャラクターの刑事・亀山隆三役として鹿賀丈史が出演します。

恋人と交わす往復書簡

OLの万里子は、恋人の純一が国際ボランティアに志願し、突然辺境の国へ旅立ってしまったことに戸惑いを感じていました。純一は、発展途上国の子ども達に勉強を教えるために、あと2年は日本に帰って来ません。自分に黙って決めてしまった…その理由が何なのか、不安な気持ちを感じつつ、万里子は純一に手紙を書くことにするのです。

捜査打ち切りになった、15年前の事件

翌日、ある材木倉庫で女性の焼死体が発見されます。現場を訪れた刑事の亀山の脳裏をよぎったのは、15年前に同じ倉庫で起きた放火殺人事件でした。その15年前の事件とは…出火した材木倉庫の中に、当時中学生の万里子(西畑澪花)と、同級生の大島一樹(篠田諒)が閉じ込められ、駆けつけた純一(福山康平)によって万里子は助け出されましたが、一樹は亡くなってしまったという事件です。倉庫に外からかんぬきがかけられていたことから、放火殺人の線で捜査され、万里子たちの同級生である久保田康孝(今井悠貴)に疑いがかけられます。ですが、康孝は事件翌日に自殺。真相は解明されないまま、捜査は打ち切られ、当時事件を担当した亀山は、その結末をとても惜しんでいました。

今回の同じ倉庫での焼死体の女性の身元は、康孝の母親・久保田綾子(大沢逸美)だと判明し、その報道に驚く万里子のもとに、亀山が訪ねてきます。「15年ぶりですね。万里子さん、記憶は?」と聞く亀山。じつは万里子は、15年前の事件の直後、ショックで事件前後の記憶を失っていたのです…。

脚本は「カラマーゾフの兄弟」「ストロベリーナイト」の旺季志ずか、そして「アイムホーム」「スペシャリスト」の監督・七高剛が演出。万里子は失った記憶を取り戻すのか!? 記憶という漠としたものに鋭く切り込む、本格心理サスペンスをぜひご堪能ください!

ドラマ特別企画「往復書簡〜十五年後の補習」は、9月30日(金)よる8時57分から放送

明らかになる15年前の衝撃の真相!! 湊かなえ原作×松下奈緒主演 ドラマ特別企画「往復書簡〜十五年後の補習」は、9月30日(金)よる8時57分からTBS系にて放送です。どうぞお見逃しなく!

湊かなえ原作×松下奈緒主演 ドラマ特別企画「往復書簡〜十五年後の補習」公式サイト (http://www.tbs.co.jp/ofukushokan/)