故・尾崎豊の長男、尾崎裕哉が、11月27日(日)に東京文化会館大ホールにおいてプレミアムコンサートを開催することが決定した。

父親譲りの情感あふれる歌声で世の注目を集め、今年9月にメジャー・デビューシングル「始まりの街」をリリースした尾崎裕哉。リリースの翌日に開催された初のソロ・コンサート「billboard classics 尾崎裕哉 premium concert -『始まりの歌』-」では、即日完売となったプラチナ・チケットを獲得した観客を瞬く間に虜にした。

ファンの熱い支持に支えられ、早くも決定したプレミアムコンサート第2弾の舞台は、クラシック音楽の殿堂・東京文化会館大ホール。クラシック界の名手たちによる特別編成の弦楽アンサンブルの華麗な旋律をバックに、彼の歌声が響きわたる。

父の音楽を受け継ぎつつ、彼独自の未来に向かう尾崎裕哉。その瑞々しいスタイルは、これからの音楽シーンにまばゆい輝きを放つに違いない。今回のコンサートは、次代を担うアーティストの序章をあなたの目と耳で確認できる、またとないチャンスとなるだろう。

〈尾崎裕哉プロフィール〉
1989年7月24日東京生まれ。2歳の時に父・尾崎豊が死去。母と共にアメリカに渡り、15歳までの10年間をボストンで過ごす。2005年に帰国、アメリカンスクールを経て、慶應義塾大学院卒業。2010年からラジオ・パーソナリティを担当しつつ、音楽を軸にした社会貢献を目指して、楽曲制作とライブを重ねる。2016年にTBS「音楽の日」でテレビ生出演。父・尾崎豊の名曲「I LOVE YOU」と自身のオリジナル楽曲「始まりの街」を初披露し、同番組瞬間最高視聴率を記録した。

■billboard classics 尾崎裕哉 premium ensemble concert 公演概要

2016年11月27日(日)14:00開演 東京文化会館大ホール
出演:尾崎裕哉、トオミヨウ(ピアノ)、ビルボードクラシックスストリングス

■ビルボードジャパン公式サイト

http://www.billboard-cc.com/