武井咲主演、NHK土曜時代劇「忠臣蔵の恋〜四十八人目の忠臣〜」。10月1日(土)午後6時10分に放送される第2話では、十郎左衛門と1年ぶりに会えて喜ぶきよのもとに縁談が舞い込む。困惑するきよに対して、十郎左衛門はある決心を告げる。

赤穂藩浅野家の江戸屋敷。藩主の長矩は、殿中で吉良上野介に対して刃傷沙汰を起こし、即日切腹、浅野家は断絶となった。一方の吉良は何のお咎めもなし。これに不満を抱いた藩の浪士たち47人が吉良邸へ討ち入り、本懐を遂げる。忠臣蔵として知られる赤穂浪士の討ち入り事件である。その事件の陰で、ひとりの女性が48人目の忠臣として活動していた。

前回では、きよ(武井咲)と礒貝十郎左衛門(福士誠治)は身分の違いを乗り越えて恋仲になったが、十郎左衛門が参勤交代で1年間国元に帰ることになってしまった。ふたりは互いを思いあう証として肌着を交換し合った。

縁談が持ち上がったきよに対して、十郎左衛門がプロポーズ

肌着を交換し再会を誓ってから1年。十郎左衛門が国元から戻ってきた。しかし、ふたりの恋は身分の違いから公にはできない。なかなか会う機会を作り出せず、きよにとってはもどかしい日々が続いていた。そんなきよに、仙桂尼(三田佳子)から縁談が持ち込まれる。相手は同じ浅野家に仕える村松三太夫(中尾明慶)。困ったきよに対して十郎左衛門は、長矩殿(今井翼)に説明し二人の婚儀を許してもらうとプロポーズする。しかし主君は、厳格な性格で知られている。身分の違うふたりの結婚ははたして認められるのか……。

第2話は、10月1日(土)午後6時10分より放送

きよと十郎左衛門の恋の行方は? 第2話はNHK総合で10月1日(土)午後6時10分より放送。

NHK土曜時代劇「忠臣蔵の恋〜四十八人目の忠臣〜」 公式サイト(http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/chu-koi/)