テレビ朝日が贈る期待のドラマスペシャル「狙撃」が、10月2日(日)よる9時から放送されます。主演に尾野真千子を迎え、共演は佐藤浩一、阿部サダヲ、でんでん、柄本明と、映画かと思うほどの豪華なキャスティング。命知らずな女刑事が警察組織の内なる闇に迫る内容も、アクションや濡れ場を盛り込んだハードな演出になっており、この秋イチオシの重厚な本格サスペンスドラマの登場です!

15年前の未解決事件、その日は涼子の母が殺された日でもあった…

危険なおとり捜査も犯罪者への制裁にも一切のためらいを見せずに行動する、西小金井署の刑事・上月涼子(尾野真千子)。ある日涼子は本庁の城田警務部長(でんでん)から呼び出しを受け、警視庁警務部特務監察室へ異例の出向を命じられます。特務監察室の室長は鎮目竜二警視正(佐藤浩市)。「関わると不幸になる」と言われている鎮目の下で、涼子は警察官を内偵する任務に就くことになります。

警察官の覚せい剤関与の疑惑について内偵するよう言われたり、「次期首相候補狙撃事件」の膨大な資料に目を通すように言われますが、鎮目は涼子の質問には一切答えず「俺の思い通りに動け」「俺たちの仕事は組織を守ること」としか言いません。

「次期首相候補狙撃事件」は15年前に起きた事件で、次期首相と目されていた現役閣僚の宮田達之(柄本明)が何者かによって狙撃された未解決事件です。鎮目が涼子に資料を渡したのはなぜなのか…。鎮目への疑問を感じつつも、涼子は次第に事件の中枢へと近づいていきます。

追い詰められる公安刑事

いっぽうで、24時間体制の異例の監視を付けられる公安刑事・貴島彰(阿部サダヲ)は、あるUSBキーを隠し持っていて、公安が異常なほどにマークしている刑事です。公安の重圧に消耗していく貴島は、型破りな涼子が現れたことで、わずかな可能性を見出します。公安からの異常な心理戦に追い詰められていく貴島が、いまだベールに包まれる公安組織を浮き彫りにしていきます。

原作は永瀬隼介氏の「狙撃 地下捜査官」。脚本を新進気鋭の若手脚本家・保木本真也氏が担当し、「特命係長 只野仁」の秋山純監督がハードボイルドな本格警察ドラマに作り上げています。

ドラマスペシャル「狙撃」は、10月2日(日)よる9時から放送

予測不能なサスペンスが展開、ラスト5分の衝撃と戦慄の結末!! ドラマスペシャル「狙撃」は、10月2日(日)よる9時からテレビ朝日系にて放送です。どうぞお見逃しなく!

ドラマスペシャル「狙撃」 公式サイト (http://www.tv-asahi.co.jp/sogeki/)